古本虫がさまよう やっと見つけた「台湾」ビールに乾杯!
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month









やっと見つけた「台湾」ビールに乾杯!
(2014・7・9・水曜日)







坂野徳隆氏の『日本統治下の台湾  風刺漫画で読み解く』 (平凡社新書)を読んだ。台湾の新聞で風刺漫画を描いた国島水馬の作品を紹介しながらの台湾論。

日本の統治下に置かれた「植民地」台湾の歴史を知る上でも参考になる本だった。チフスやマラリアなどを撲滅する上で日本もいろいろとやっていたようだ。

僕の好きな台湾ビールも、もともとは、戦前の高砂麦酒株式会社が祖先だったとのこと(そういえば、近所の行きつけの酒屋に、やっと台湾ビールが入荷した。240円。まぁ、ちょっと高めだけど、許容範囲。消費増税で覚えた非ビール系の発泡酒など(最近、ベルギーの麦を使っているという「ホワイトベルグ」を愛飲している。110円台で売っているし。バカスカ飲んで、財務省に対抗してやる…というのは、ちょっと矛盾しているかも?)

そういう安いお酒も悪くはないけど、やはり、ビールはビール。台湾ビールの隣に青島ビールがあった。生意気にも(?)台湾ビールより高め。なかなか手が出せないが、これも悪くはないビールだが。

ともあれ、国島の風刺漫画も多々掲載されている。
新書サイズの本ゆえに、漫画がちょっと小さくて、原画の文字などは読みにくいが、著者の説明が懇切丁寧なので、漫画はむしろ添え物として脇に置いても面白く読める本であった。
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1624-c1e65c32

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ