古本虫がさまよう さらばスペインよ、そしてニッポン? 「無心の境地」で、ネバーセイネバー?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month







さらばスペインよ、そしてニッポン? 「無心の境地」で、ネバーセイネバー?
(2014・6・20・金曜日)





サッカーにはあまり関心はないので、昨夜は神宮球場に野球を見に行きたいなと思っていたが、夜は雷雨になるかもしれないとの天気予想を朝から繰り返しやっていたので、出かけるのは止めたが、さて降ったのかな? 

くれぐれも的確な天気予想をお願いしたいのだが。

的確なら、GNPの拡大にも貢献できたのだが? 神宮球場に行って、ビールの一杯ぐらい飲んだかもしれないし(ただし、ここで売っている某有名弁当は食べないなぁ‥。デパートで買っても駅弁屋で買っても同一値段なのに、ここはなぜか100円ぐらい高い。こういう一物二価的な商売をする会社の弁当はなるべく買わないようにしようと最近決意した次第。消費者を舐めているから?)。

一方、サッカーといえば、前回の覇者・スペインでさえ二連敗(しかも大敗)して去っていくのだから、日本とてどうなっても仕方ないだろうが‥‥。ネバーセイネバー? 

それはさておき、「甦れ、日本代表。」なる特集を組んでいるスポーツ雑誌「ナンバー」(週刊文春6・25臨時増刊号)を手にしていたら、ふと、目に止まったのが書評欄。

岩波文庫で『日本の弓術』 (オイゲン・ヘリゲル著)という本が出たそうな。戦前、東北帝国大学で哲学を教えたドイツ人によるものだそうな。武術は、肉体的な修練で、スポーツ能力を向上させることではなく、精神修養なのだと、無心の境地を得ることにある‥といった趣旨の本のようだ。

「無心の境地」を得られれば、ギリシャに勝てる?
スポンサーサイト
 | スポーツ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1604-141b0e9f

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ