古本虫がさまよう 猛吹雪の夜は、五輪番組に背を向けて古本マニア番組を見て…
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month






猛吹雪の夜は、五輪番組に背を向けて古本マニア番組を見て…
(2014・2・8・土曜日)






猛吹雪となった土曜日、正午前後に神保町・高円寺古書会館の古本市などを足早に走破して帰宅。そのあと、電車も次々とストップしたりしたようだが…。テレビは、大雪ニュースはともかくとして、あとは「ソチ」ばかり。スポーツにはさほどの関心もなく、いわんや「雪」がらみのスポーツは全くの無関心。あんなもの…? まぁ、趣味は人それぞれだから。

土曜夜8時から放送されたBS11の「宮崎美子のすずらん本屋堂2時間スペシャル」を見た。浜本茂氏(本の雑誌)や、この前読んだばかりの北原尚彦氏や三上延氏などが登場。しかし、北原氏や浜本氏は夏服。ううむ、以前、見た記憶のあるシーンが? これって、一部再放送なのだろうか? T蔵書とか見た覚えのあるシーンが。
(2013・9・6) 夜10時からBS11でやっていた宮崎美子氏司会の『すずらん本屋堂・東京古本散歩』の「東京古本散歩」コーナーに、西荻窪のにわとり文庫さんが出てきて、店主と訪問した古本愛好家との一問一答やらも。貴重なレアな古書にぺたぺたと印(自分の名前・住所を記載したありふれたもの)を押した、 「T(髙橋さんの)蔵書」の謎など(池谷伊佐夫氏所蔵)の紹介もあった。この印がなかったらウン万円もするであろう本が、ヒトケタ以上違った「格安」の値段(といっても少々高め)で売られているとか。…と放送直後に本欄で取り上げたことがあった。そのあたりは再放送のようだ。

あと、再放送かどうかは知らないが(これは新作?)、後半の岡崎武志氏(冬服だし)による大阪天神橋筋商店街の古本屋の紹介は、初見。この前、ここの古本屋街には昨年寄ったばかり。累計でも2~3回程度だが。しかし、二階にあるという「ハナ書房」や、「駒鳥文庫」は知らなかった。岡崎さんの古本初体験やウンチク付き。

最後に昨年末閉店した「青空書房」が。ご主人のさかもと・けんいち氏は90歳。奥さん(故人)との思い出の書も紹介したこともある。健康問題があったようだ。去年のゴールデンウィークに寄って1~2冊本を買ったのももう懐かしい思い出。





スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1459-731769a2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ