古本虫がさまよう 君はキョロちゃんの缶詰を食べたか?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month







君はキョロちゃんの缶詰を食べたか?
(2003・12・23・月曜日・祝日)







小泉武夫氏の『缶詰に愛をこめて』 (朝日新書)と、黒川勇人氏の『日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36』 (講談社+α新書)を読んだ。

どちらも、著者の缶詰への愛が語られている書である。小泉氏は、ゲテモノ(?)などをはじめ、さまざまな世界中の珍品、奇品を食している「グルメ」で「未確認飛行物体」ならぬ「味覚人飛行物体」というあだ名もあるそうな。しかし、子供のころに食べたさまざまな缶詰の味が今も忘れられないという。

また、小泉氏ならではの世界一臭い缶詰の紹介なども…。そのほか、「鯨須の子の缶詰」など…。
僕も子供のころ、蟹の缶詰など、高いなぁと思ったことがあったし、小泉氏も指摘しているけど、桃の缶詰などは好物であった。パイナップルも悪くない。

学生時代は時々、自炊の時のご飯のお伴で焼鳥やコーンビーフや鯨の缶詰など買ったことがあるが、両者ほどの愛情を缶詰にはもっていなかった。
とはいえ、今も我が家には非常食も兼ねてであるが、いろいろと缶詰は買い置きしている。小泉氏は缶詰は安いと強調しているが…ううむ、そこそこの値段?

「缶つまレストランベーコン」「イカのガリシア風」「イカのアメリケーヌソース(トマトソース)」「イカのニンニク油漬け」…。「缶つま」シリーズ以外は、最近は専らスペイン製の缶詰ばかり購入している。一度ユーロ安になった時にも、あまり値段は下がらなかったと記憶しているが…。まぁ、300円前後なら買うかなといった感じ。

あと、缶詰といえば、森永の「チョコボール」のおまけ缶詰。子供のころから「チョコボール」は好きで時々食べているが、この前も、「銀のくちばし」が5枚貯まった。今は「みんなであそべるキョロちゃんず缶」がもらえるそうな。「金のくちばし」はめったに見ないが、「銀のくちばし」は時々当たる。この缶詰、食べられないけど、子供心に手にするのは楽しかったものだ。もう記憶はほとんどないけど。
スポンサーサイト
 | グルメ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1404-59e49f89

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ