古本虫がさまよう 俵万智さんとオーウェルはなぜ石垣島とジュラ島に逃避したのか?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month









俵万智さんとオーウェルはなぜ石垣島とジュラ島に逃避したのか?

(2013・12・17・火曜日)






佐藤義夫氏編の『オーウェルと旅』 (音羽書房鶴見書店)を読んだ。
日本オーウェル協会のメンバー十数人による論文集。その中で、大木ゆみ氏の「『一九八四年』、ジュラ島、そして原爆」という論文が目にとまった。

第二次大戦後、オーウェルがスコットランドのジュラ島に移り、そこで『一九八四年』を書き上げたことはよく知られる事実だが、大木氏は、なぜ、そんな僻地にオーウェルが足を運んだかを論じている。当時、オーウェルには小さい養子がいた。大木氏は、愛する養子を守るためにジュラ島への移住を決断したのではないか、なぜなら原爆の脅威を考えれば、ロンドンなどから少しでも遠く離れた地のほうが安全とオーウェルが考えたからではないか…と。
ううむ。具体的な根拠証拠があるわけではないようだが…。

この前、紹介した俵万智氏の『オレがマリオ』 (文藝春秋)を見ても、彼女が息子のために仙台から「西へ」(石垣島)と逃避したことが歌われてもいた。

簡単に安心させてくれぬゆえ水野解説委員信じる

まだ恋も知らぬ我が子と思うとき「直ちには」とは意味なき言葉

子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え



俵万智さんとオーウェルも、同じ心境で「西へ(石垣島)」「北西へ(ジュラ島)」へと逃げたのかもしれない。偶然にも同じく「島」への逃避だ。

俵氏も石垣島でさまざまな創作活動をしているわけだが、オーウェルもただ逃げる(?)だけではなく、軍事均衡の中で生きる全体主義国家の恐怖の世界を『一九八四年』で描いて死んだ。

ともあれ、この前紹介した那須省一氏の『イギリス文学紀行 ディケンズ、オーウェルからブロンテ姉妹まで 名作ゆかりの地をさるく2』 (書肆侃侃社)の中でも、オーウェルゆかりの地を訪ねるツアーが英国内にあって、彼が、それに参加した時、その見学会の講師にゴードン・ボーカーという人がいたそうな。彼はオーウェルの評伝も書いているとのこと。

その人によると、那須氏が原爆体験を民族として保有している日本人ということもあってか、「オーウェルが第二次大戦後、原爆を非常に恐れ、彼が終の住みかとしてロンドンから遠く離れたスコットランドの沖合に浮かぶジュラ島を選んだのも原爆への恐怖があったと語っていた」という。

原発の恐怖を感じて「西へ」と避難したり、原発ゼロを主張する人がいることを僕は否定する気にはならない。

だからこそ、NHKなどは朝7時や夜7時のニュースでは必ず冒頭に「今日のフクシマ」と題して、原発関連ニュースを流すべきだと思う。まだ解決していない大事な国難に関して、全国民の関心を高めるためにも…である。

にもかかわらず、某スポーツ大会で日本が勝ったから五輪に出られるとか、そんなのを冒頭3分間も延々と流したり…。こんなのでいいのか?

それはともかくとして、井上きみどり氏の『わたしたちの震災物語』 (創美社)を読んだ。
著者は仙台市在住の漫画家。本書もマンガ形式で綴った震災ノンフィクションマンガ。
マンション一階の住居は無事だったが、地震後、地盤沈下や下水管がつぶれたために、下水管にたまったマンション全戸の汚物が一階の自宅のトイレなどに逆流というか溢れたりもしたそうな。そういう現象があったことは初めて、このマンガで知った次第。一階に住むのも考えもの?

引き続き井上氏の『ふくしまノート①』 (竹書房)を読んだ。これもマンガ形式で、3・11で被害を受けた家族たちの物語。とりわけ原発避難を余儀なくされた家族が登場する。いいかげんな避難指示などに右往左往したり、一時帰宅をしたら、泥棒の跡があったり…。東電から補償金たっぷり貰ったでしょう…といった心ない言葉をかけられたり…。

政治家なら、こういう悲劇を国民に今後おおいかぶせないような施策をまず考えるべきだろう。にもかかわらず…。

オーウェルは、類まれな想像力豊かな作家であったから、日本への原爆投下を見て、そして、ソ連が原爆を持つ時代を考えて、万が一の原爆戦争に備えてあらかじめロンドンなどから避難していたのかもしれない。子を持つ親なら当然ではあろう。その上で、ソ連と戦った。一歩後退、二歩前進である。

21世紀の今日、オーウェル的な想像力は、「××××に刃物」「××××に核兵器」という事態にも発揮されるべきではないか。

自分の側近をああいう形で「スピード処刑」をする血も涙もないような人間が、刃物や核兵器や毒ガスを手にしたらどんな行動を起こすか? サリンを手にした男が何をしたか? 麻原だのフセインだの「毒ガス」を持った独裁者が自国民に対してどんなことをしたか? 狂信的な妄想を持った男が、ある漫画家相手にどんな脅迫をしてきたか…。

北朝鮮という国家がどんなことをやるのか? 少しは想像力を発揮して考えておくべきだろう。ネバーセイネバーだから!

日本だって、真珠湾奇襲をやってのけたのだから…。いわんや、もっと恐ろしい空想的軍国主義者なら、何をやるか?

スポンサーサイト
 | 地震  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1396-8af905b6

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ