古本虫がさまよう 「カミカゼジャパン」「クールジャパン」を評価する親日国家はどこにある?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month







「カミカゼジャパン」「クールジャパン」を評価する親日国家はどこにある?










「みんなの党」が分裂し、 「江田新党」なんて見出しが新聞紙面に出てくると、30数年昔の「江田新党」を思いだす。
社会党右派政治家・江田三郎氏が、社会党内の親ソ派教条主義集団・社会主義協会との対立から、離党し、新党を結成したのは、1977年(昭和52年)のこと。「江田新党」は「社会市民連合」となり、「社会民主連合」となり、菅直人氏なども加入してくる。もっとも創立者の江田三郎氏は、新党結成まもない段階で急死した。享年70。
当時、江田三郎急死の報道に接し、まだ純情可憐な学生だった僕は、社会主義協会なる存在に「こいつら、てめえらの心の祖国ソ連同様、いつか潰してやる」と心に誓ったものだった?

その後、塩田潮氏の『江田三郎 早すぎた改革者』 (文藝春秋)なる本なども一読したが…。評価はいろいろとあるだろうし、謦咳に接したことはなかったが、僕はわりと好きなほうの政治家だった。息子の江田五月さんもそれなりに頑張っているようだし…。

ソ連崩壊と共に社会主義協会は消えた?ようだが、協会に反発して、江田さんと共に離党した田英夫さんなどにしてもそのリベラルな感覚は評価できるけど、やはりソ連同様の独裁国家北朝鮮に関しては、いささかシンパであったことを考えると、複雑怪奇。

まぁ、「反天皇、親原発」やら、「親天皇、反原発」やら「反ソ親中」、人は、個別テーマに関しては、それぞれ賛成反対がケースバイケースになるもの。単純な図式通りに割り切れるわけでもない。イデオロギーは正反対でも、人間的にウマが合うからとか、かつて同郷同級生、竹馬の友だったからとか…。ややこしいことも起こりうる。それにしても「江田新党」ね…。歴史は繰り返す…ではないけど。

それはともかくとして、酒井亨氏の『中韓以外み-んな親日 クールジャパンが世界を席巻中!』 (ワニブックス・PLUS新書)を読んだ。

著者は1966年生まれ、共同通信社などをへて現在大学准教授。台湾在住が長く、民進党のスタッフとしても働いていたようだ。
タイトルだけ見ると、酒井氏の本は、この前紹介した井上和彦氏の『日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争』 (産経新聞出版)と共通するものがあると思えるかもしれないが、ちょっと微妙に立場は異なるだろう。
というのも、酒井氏は台湾が親日であることについて、「日本統治時代が良かったから、台湾人が懐かしみ募っているのだ」という説が流布しているが、そうではないという。
日本の左翼陣営がいうような植民地支配絶対悪という立場はとらないものの、「日本の植民地統治においても、差別や暴力が存在したことは紛れもない事実」であると酒井氏は指摘している。それはそうであろう。

産経新聞やつくる会的な視点とは異なる視線で、クールジャパンが台湾は無論のこと、韓国やタイやフランスなどに広がり、「親日の輪」がある事実を指摘している。小学生からの英語教育の無意味さや海外留学が減ったのは、日本が先進国になった証であり、そんなに憂える必要はないと言い切っているのも小気味よい。

反日に凝り固まる「特定アジア」(韓国&中国)以外の国々の多くが、日本の過去は過去と認識しつつも、今の日本は異なるとの認識を持っているとのこと。いわんや「敵の敵は味方」であったインドなどは、今の「クールジャパン」のみならず、過去の「カミカゼジャパン」も評価してくれるところもあるようだ。
「アジアは一つ」ではないという事実を再認識し、「特定アジア」をどう武装解除していくか。

インドやフィリッピンやアメリカの政府関係者の靖国参拝などの実現を外務省なども画策すべきであろうに…。

一方、1967年中国生まれの劉文兵氏の『中国抗日映画・ドラマの世界』 (祥伝社新書)を読んだ。
戦前から今日にいたる中国の抗日映画の数々を例証・検証した本。国民党であれ共産党であれ、政治主導型の映画制作故に、ステレオタイプの反日映画ばかりというイメージもあるが、若干、工夫(?)もされていたそうな。日本映画やドラマの輸入に関しても、時の政府の思惑もあるようだが。
所詮は「検閲」の世界だから…という読後感は残る。
スポンサーサイト
 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1389-12877ad2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ