古本虫がさまよう 初め(初日)も終り(最終日)も雨に祟られた神田神保町青空古本まつりは、やはり天譴? それにしても気象庁の天気予想外れは人災?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month









初め(初日)も終り(最終日)も雨に祟られた神田神保町青空古本まつりは、やはり天譴? それにしても気象庁の天気予想外れは人災?
(2013・11・5火曜日)








2013年11月3日(日曜日)は例のごとく、首都圏はまずまずの天気だったようだが、その日は終日家にて、いろいろと。

昨日(4日)は振替休日だったが、この日もいろいろと職場で仕事。早く終えて、夕方、神保町でも最後の青空古本まつりの模様でも覗こうかと思っていたが…。

もしくは古本屋ツアーインジャパンさんのブログのコメント欄で知った町田の古本屋・高原書店そばの成美堂書店が11・4にて閉店ということで、出掛けるかと一瞬考えたが…(さらには最新のコメント欄で知ったのだが、田辺書店も閉店間近とか? えぇぇ? この前有隣堂(関内)の古本市に寄ったついでに久しぶりに出掛けたばかりだったが? )。
田辺書店ならぬ「たなべ書店」は大丈夫か? こちらは南砂にあって、出版社勤務の人が開店した古本屋さんではなかったか。「たなべ書店」も、西大島駅近くにあった三階建ての支店は閉鎖されてもう数年になる。あそこも見応えあったジキルとハイドの古本屋であったが。残り二軒は南砂で元気でやっていることだろう。ご無沙汰しているが…。

それはともかくとして、朝刊(産経・11・4)を見ると、朝方の雨も午後にはやんで晴れてくるそうな(もっとも、新聞より、あとの天気予想を反映しているテレビの朝の天気予想では、午後は曇りとかで晴れるとまでは予想していなかった模様)。

産経記事では「九州から東海と関東は初め雨の所も次第に回復」と断言していたが……。たしかに、午前9時頃には雨もやみ、傘もさす必要はなく、日中も午後は結構晴れ間も見えてきた。

おやおや、より最新のテレビの天気予想より、「先出し」の新聞に載った天気予想のほうが当たったのかなと思っていたが、陽もかけてきた午後4時すぎ、何か雨音が

おやおや雨ではないか。外を歩く人も傘をさしている。室内にまで雨音が聴こえるのだから、そこそこの雨量で降っているようだ。

となると、神保町界隈も雨では? 初日(2013年10月26日土曜日)が台風接近で半ば潰れというか、やろうと思えば午後2時~7時は「青空古本まつり」を十分やれたであろうに、やる気まったくなしで、早々と中止・撤退したのは報告ずみ。

屋内古本市会場を用意しない故の天罰・天譴であろうか、その後もしばしば小雨で中断される日もあったようだが、最終日もこれではねぇ…。

「終りよければすべてよし」となればまだしも、「初めも終りも雨に祟られて」「青空古本まつり」もフィナーレになったようだ。

ネットによれば、昨日(月曜日)夕方以降、この雨で、やはりはやばやと青空古本市はビニールシートをかぶせてかどうかは別にして、中止になり、そのままフィナーレとなったようだ。やれやれ。

八代亜紀の「雨々ふれふれ もっとふれ」を口ずさみながら雨の神保町を歩くのも悪くはないと思ったが…。

地方から連休を利用して青空古本まつりを楽しもうとした人もいたかもしれないが、天気にはイマイチ恵まれなかった結果となったようだ。残念というべきか、古本屋に対する天譴のとばっちりを受けたというべきか。

何度もいうけど、屋内古本市会場をきちんと設営しておれば、小雨のときには「緊急避難」ではないが、雨宿りしながら古本蒐集もできるし、臨機応変に我々「お客」も対応できるのに、青空古本市では、雨か晴れかの二者択一だし、「曇天」「晴天」でも平気の平左で青空古本まつりを「中止」してしまう「官僚主義的体質」では、十分に楽しむことは不可能だろう。

来年あたりは、根本的に改良改革をしてほしい。

この前、小雨が降り出しそうになっても、ぎりぎりまでワゴンセールの営業をしていた改革派の古本屋さんに期待したいものだ(かつての「遵法スト」騒動の旧国鉄でいえば、真面目に仕事をしてストはしない「鉄労」系古本屋さんに期待したい。国労・動労系のすぐに政治ストをしていたような、老舗にあぐらをかいているような古本屋さんにはあまり期待できないのかも?)。

農協にもピンからキリまであるのと同じことだろうか。

早く来い来いお正月じゃなくて、まともなほうのブックオフ(ブックオフも煩いだけのブックオフと、さほどは煩くない、古書も少し扱う高田馬場&江古田系ブックオフ)さんは、是非とも神保町老舗古本屋サンに適度な刺激を与えるためにも神田神保町に進出してほしいもの。

例年と比べて、人出や売り上げはどうであっただろうか。

秋雨対策をしない青空オンリーの古本市には「明日はない?」。そんな結論をだしたくなる、2013年平成25年の青空古本まつりだったのではないだろうか。 

それにしても気象庁サン、地震・余震で忙しいのは分かるけど、天気予想ももう少ししっかりとやってほしい。朝発表の天気予想が当たらないのだから、これって、責任問題じゃないのかしら?

スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1346-96b5cc5b

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ