All archives    Admin

2013'08.26 (Mon)

産経&日経の論戦? 「消費増税7割超が容認」か「消費増税8割が慎重」か?







産経&日経の論戦? 「消費増税7割超が容認」か「消費増税8割が慎重」か?





2013・8・25産経で、田村秀男氏が、消費税値上げを予定通りやろうとする政府内部の一部の動きを批判している。「中長期の経済財政に関する試算」という内閣府による文書が杜撰なものであるとのこと。こうした試算を「鵜呑みにして消費税率を10%以上に引き上げなければならないと、報じる」、古巣の日経を批判している

その当否はともかくとして、8・26日経朝刊一面左トップは「内閣支持率上昇、68%」「消費増税7割超が容認」とある。支持率はともかくとして、消費税増税を7割超が容認? そんなバカなと思って、記事をよく読むと…。
「予定通り引き上げるべきだ」というのは17%。「引き上げるべきではない」は24%。なんのことはない。増税反対のほうが多数派ではないか

ただ、「引き上げるべきだが、時期や引き上げ幅は柔軟に考えるべきだ」が55%いる。

この55%を日経は強引にも、増税容認派に入れて、55+17で、72%が増税「容認」とみなして一括してしまったのだ。

これって詐欺? ギリギリセーフ?

だって、「時期や引き上げ幅は柔軟に考えるべき」を重視すれば、
「2014年4月」以降の値上げに関しては、先延ばしすべきだと考えていることになるのかもしれない。だとすれば、先の見出しは「来春消費増税8割慎重」という見出しも可能になるはず。

こういう風に世論調査、トリックまがいの報道があることは要注意?
スポンサーサイト
08:02  |  経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1247-42a70a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |