古本虫がさまよう 昭和32年のフランク永井の「13800円」なるユニークな歌を聴いて思ったこと
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month





昭和32年のフランク永井の「13800円」なるユニークな歌を聴いて思ったこと



2013年7月8日(月曜日)の朝未明、いつものように目覚めてNHKラジオ(深夜便)をつけたら、フランク永井の「13800円」という歌が流れた。初めて聴く曲目。変わった曲名と思ったが、1957年(昭和32年)の歌で、当時の初任給がそれぐらいだったことにちなんで作詩されたとか(作詩・井田誠一氏。作曲利根一郎氏)。


源氏鶏太氏の小説をかつてよく読んだが、昭和34年前後の設定のサラリーマン小説だと、初任給は15000円(前後)程度とよく紹介されていたと記憶している。だから、13800円というのも頷ける(こういう小説によくサラリーマンが密会するバーが出てきて「ハイボール」を註文するシーンが書かれていた。ハイボールってなんだろうと子供心に思っていたが、近年その疑問は解けた?)。
先ずはその歌詞。

もっこかつげや つるっぱしふるえ
歌え陽気に 炭坑節

黒いダイヤに 惚れたのさ
楽じゃないけど 13,800円 
たまにゃ一ぱい 
たまにゃ一ぱい 呑めるじゃないか

からのトラック 思いきりとばしゃ
ビルの谷間に 灯がともる
今日もとにかく 無事だった
嫁を貰おか 13,800円
ぜいたく云わなきゃ
ぜいたく云わなきゃ
食えるじゃないか

明日は日曜 お弁当持って
坊や行こうぜ 動物園
ママもお猿を 見たいとさ
一家だんらん 13,800円
笑って暮らせば
笑って暮らせば 何とかなるさ



13800円を単純に十倍すれば138000円になるが、これだと現時点では「嫁を貰おうか」とはならない? 月収138000円ボーナスゼロ円だと、週休二日・7時間労働レベルのフリーター並みの賃金。時給900円前後の世界。
大学生の初任給だと、もう少し上で今は20万円台。138000円の二倍の27万円ちょっとぐらいならボーナス入れて400万ぐらいの年収になるか? 共働きなら結婚も可能?

たまには一杯、贅沢いわなければ、笑って暮らせば…。その程度の幸福を多くの日本人は味わっていると言えるか。言えないか?

ビールは酒税のせいもあって相変わらず高いが、ウイスキーは安くなった?
娯楽は、昔は映画や本や動物園程度だったが、多様化してきた。
とはいえ、図書館も充実はしてきた。貸本屋はなくなったが、駅弁大学ならぬ駅弁古本屋の時代。一日一冊本を読んでもたかがしれている。

昭和32年といえば、電車やオフィスにも冷房もなかったのでは? そのころがいい時代とも思えないが…。いつの世もその時代に生きている人々にとっては、今が昔よりはいい、面白い世と思うのだろうか…。
タイムマシンがあるわけでもなく、未来にも過去にも行けないのだから…。「今」を精一杯生きるしかない?

 一方、中村淳彦氏の『デフレ化するセックス』 (宝島社新書)を読むと、慶応大学で学ぶ地方出身の女子学生でも、生活苦のために売春をしたりしているという。この女子学生は,通常のバイトなどをして学費や生活費を稼ごうとしたが、どうしても足りず売春をせざるをえなくなったという。
女性の年齢やルックスなどで偏差値化し、偏差値が高い女性がどれだけ売春やアダルトビデオ出演などで稼げるかを数値化し論じたりもしている。
昼間は普通の会社に勤務し、生計費用として手元に残る最低ラインの金額を通常のそういう仕事で稼げないために、バイト感覚でそうした売春をしなくてはいけない「貧困」状況を、そうした当時者にインタビューもしている。ヤクザも絡んでくる。

たいへん悩ましい問題ではあるが、日本社会の現実の一端でもあり、興味深く一読した次第。需要と供給の関係ではあろうが、バブル時代など援助交際やらで月収が何十万もあった高校生などもいたそうな。異常といえば異常。

デフレ不況下でも、毎日のように痴漢だの盗撮だのという記事が出るし、電車も線路内に人が立ち寄りストップしている云々も人身事故なみに発生している(痴漢が逃げているということか?)。

平成の今、13800円では、風俗で遊ぶのも大変? この前摘発されニュースになった平均年齢63歳の超熟女(還暦すぎ老婆?)が勤務していた売春クラブのようなところなら、その金額で可能だったか? 報道によると一時間9000円からだったとか? 取り分は経営者と本人とが半々としても、年金生活老女の女性が一カ月ではなく一日で13800円稼ぐのも大変? みんな大変?

一カ月13800円あれば、古本屋なら数十冊ぐらい本が買える。ブックオフの105円コーナーなら、100冊以上買える。
この前、古本市の目録を見ていたら、カジノ=リブモンテーニュの『ポルの王子さま』  (ニトリア書房)が12000円で出品されていた。ううむ、高くなっていくものよ。一冊で12000円か。それでも13800円あれば、おつりが1800円くる。いや会場に行かないと送料が別途かかるから正味1000円ちょっとか。この本、すでに持っていて一読しているから買うことはないが…。
13800円をどうやって稼ぎ何に使うか? 人間としての価値観が問われる?

スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1180-c85d03b3

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ