古本虫がさまよう ペットとして飼うならタヌキより文鳥(かインコ)に限る?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month






ペットとして飼うならタヌキより文鳥(かインコ)に限る?




伊藤美代子氏の『漫画で楽しむ だからやめられない文鳥生活』 (誠文堂新光社)を読んだ。子供の時に飼った文鳥。それ以来の文鳥好きならではの著者による文鳥論。鳥を飼育する資格も持っている漫画家とのこと。マンガや写真や文章で文鳥に関するオールガイドをしている。

僕も子供の頃、文鳥を飼っていたことがある。今はインコ。鳴き声が元気でいいもの。

引き続き、宮本拓海氏&しおやてるこ&NPO都市動物研究会共著の『タヌキたちのびっくり東京生活 都市と野生動物の新しい共存』 (技術評論社)を読んだ。こちらも若干マンガやイラストなどもある。東京といっても「西」の方が多いが、夜行性のタヌキがどのように都会で「繁殖」「生活」しているかを綴っている。まぁ、タヌキにせよ、外来のアライグマにせよ、哺乳類はペットにするには厄介な要素がある。犬やネコでも大変なんだから。野生の哺乳類は野生のママにしておくのが一番か?


スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1157-f55804c0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ