古本虫がさまよう 国産ポルノといえば日活か東映か?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month








国産ポルノといえば日活か東映か?



杉作J太郎氏&植地毅氏編著の『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』 (徳間書店)を読んだ。
ポルノ映画といえば日活だが、いやいや、東映も頑張っていたという本?
この前テレビで多岐川裕美さんを拝顔。相変わらず酒井和歌子さん同様綺麗。誰かと違ってデブにもならず…。目の周辺の皺はともかく…。いやそれだって目が大きいから皺ができるのであって、目の小さい人は…。

彼女主演の映画やヤクザポルノやらいろいろとあったことがわかる本。1970年前後の作品を中心に、評論家や監督など、さまざまなコメントなどによって紹介されてもいるが、さすがにリアルタイムでこれらの作品を見ることは物理的にも肉体的にも不可能だった? サンドラ・ジュリアンも…。アネット・ヘイブンならいざ知らず? でも、コレをみていると、日活より東映のほうに美人女優が多く出ていたように思えるけど。

スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1149-93a1cf32

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ