古本虫がさまよう 懲りない「護憲派」たち
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month










勝谷誠彦氏の『あっぱれ! 懲りない朝日新聞(笑)』 (ワック)を読んだ。月刊誌に連載された朝日批評コラムをまとめたもの。ちょっと古くなると、さて、何の風刺かと思わないでもないが、毎月の報道をウォッチして皮肉光線を浴びせている。「天声人語」もかなり叩かれているが、この前、本欄では少し褒めてしまった。まずかったか?

改憲護憲世論調査をめぐっては、朝日は相変わらず5・2朝刊に見られるようなトリッキーな編集をしている。

「96条改定し改憲手続き緩和」「反対54%賛成38%」「9条改定反対52%」との見出しだが、「いまの自衛隊は憲法に違反していると思いますか、違反していないと思いますか」との質問には「違反している」は17%、「違反していない」は74%となっている。

つまり、自衛隊は合憲であると見ている層は7割以上である。にもかかわらず憲法学者などの中には9条を絶対視して、自衛隊は違憲である、解散せよなどという向きが少なくない。

だからこそ、9条の条文を改正しておく必要がある。

朝日も世論調査をする時に、「いまの9条の条文では自衛隊は違憲だから解散すべしとの主張に根拠を与えることになります。その条文を以下のように書き換えることにあなたは賛成ですか、反対ですか。9条1項(① 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する)はそのままとしつつも、第二項を「前項の国際平和を達成するためにも、国際紛争を解決する手段として軍事力を行使・威嚇する勢力に対抗するために、自衛のための一定の陸海空軍その他の戦力は、これを当面保持する。自由で民主的な諸国との協力関係を維持する」と。これなら改正賛成74%は固いのでは?

世論調査も、せっかくやるなら、具体的な改正条文を例示して、これに賛成か反対かと、9条改正条文を提示して賛否を問うべきだ。

護憲派と称する人の中にも、内心、天皇制度を廃止したいと思っている人もいるはず。そういう人たちは第一条~など改正廃棄しない限り、思いは達成できないはずだ。その意味でも「改憲派」ではないのか。

だから、「9条を守れ」「平和憲法」を守れといっても、「天皇制度」を守れとは絶対言わない人たちが、正しい意味で「護憲派」であるはずがない。

結局、みんな大なり小なり改憲派ではないか。
口先だけのつまみ食い的な「護憲論」は論理的にも破綻しており、見苦しいだけだ。


スポンサーサイト
 | 憲法  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1084-bb7357fe

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ