古本虫がさまよう 2017年09月
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month



北朝鮮危機は安倍首相の「自作自演」? 金正恩と昭和天皇は「似姿」なのか?
(2017・9・30・土曜日)




衆議院選挙も無事始まるようだ? 解散直前に南海大地震が発生したら、選挙も中止になるかと…思っていたが…。
「希望の党」も、小沢一郎さんとか、辻元さんとかを「非公認」するのなら、おや? まとも?と思えるかも?
それにしても、これって、「(鳩山)民主党」ができるとき、さきがけや社民党にいた武村正義さん村山富市さんなど、左派系政治家をお断りしたのにも似ている。でも、その「民主党」の中にも、また「左派」が増殖して…。それをまた斬る? いつまでたっても、左派はしぶとく「本体」に寄生し栄養を吸い尽くしていく…。日本共産党も同様の手法で「民主党」(民進党)に接近していたが、「希望の党」によって、「排除」されれば、とりあえずは安心? いやいや、「連合」そのものが、拉致問題や北朝鮮の核武装にもほぼ無関心な日教組や自治労など官公労の左派を抱えているからどうにもならないのでは? 歴史はいつまでも繰り返す?

ともあれ、2017・9・29日経朝刊の「識者の見方」で、リベラル左派系の吉岡忍さんは「森友・加計隠し」「権力の私物化」と題して、いささかワンパターン化のコメントをしている。
「今回の解散は森友学園や加計学園といった問題の追及を避けるようなタイミングで、唐突だ。もはや『政治権力の私物化』だし、そんな手法がまかり通ることに危機感を感じる」と。

しかし、北朝鮮問題など、さまざまな重要案件があるのに、針小棒大的にモリ・カケ問題を国会でことさら取り上げていた現状を考えると、総選挙によって、そういう問題がいささかフェイク的側面があることをさらけ出すことになるのを野党や一部マスコミは恐れているのではないか?
ロッキードやリクルートのような腐敗汚職的な側面もある大問題なら、遠慮することなく、国会どころか、全国民を前にして、訴えて与党を敗北に追いやればいいだけの話。総選挙こそ、大歓迎していいはず。

それだけの自信がないのか? 所詮、モリ・カケはちょっとした物言い程度のテーマでしかないということを内心、自覚しているからこそ、「権力の私物化」云々と言っているだけのように思える。

英国のこの前の総選挙にしても、与党は勝つと思ってもそうはいかないもの。野党側とて、受けて立つ気概をもってやればいいのに…。変な政党だ。選挙で与野党逆転しないと与党になれないのが「野党」。政権をめざさない政党は、ネズミを捕らないネコみたいなもの。「負け犬の遠吠え」みたいなことをいわずに、前向きにやっていけばいいのに。

吉岡さんと同様のこと(?)を、半藤一利さんも朝日新聞(2017・9・29朝刊)で述べている。

「国難といって現在、最大の問題は北朝鮮情勢でしょうが、これはご自分がつくっていませんか、自作自演の危機ではないか、と申し上げたい。安倍さんは国連総会で、今は対話のときでなく圧力をかけるべき時だと述べてきましたが、それでは危機を高めるばかりです」
「全体で譲り合い、調整しなければ大きな問題は解決できません。北朝鮮の問題についても、自国の安全だけを大事に考えていては、本当の解は得られないでしょう。この地域で利害を共有する日中韓3カ国が北朝鮮を説得して話し合いのテーブルに戻すしかないでしょう」
「1930~40年代の日本は、まさにいま北朝鮮の似姿です。あのとき、日本をなだめたり説得したりできる国はなかった。しかし、今は日本がそうした役回りを発揮できるはずです」


と指摘し、戦前の歴史的エピソードを紹介しているが、あまり適切な比喩にはなっていないように思える(日中戦争の和平工作やら…)。ちょっと違うんじゃないかしら。

「似姿」というからには、昭和天皇と金正恩が「(ほぼ)等式」で結ばれるということにもなるが…。だったら「聖断」を金サンに期待できるのかも?
ともあれ、いくらなんでも、日本はそこまで「全体主義」的にひどくはなかった。北朝鮮は「平和時」に於いて、国民を餓死させながら核開発をやっているのだ(毛沢東も同じことをやった)。日本はそんな軍拡はしていない。また、男性だけとはいえ(当時は世界的にもそれが普通)普通選挙もあったのだし…。大政翼賛会にも違憲だとの声もあり、翼賛会に入らず当選した議員もいた。全然「似姿」ではない。中村菊男氏の『天皇制ファシズム論』 (原書房ほか)を一読すれば、そのあたりは理解できよう。

北朝鮮危機を、安倍さんの「自作自演」とまで言うとなると、これは朝日論説委員以下の妄言と見る向きもあるのでは?

「自作自演」というのは、普通、自分で発砲しておいて、敵が撃ってきた、反撃するぞ…というようなことを意味するもの。北朝鮮のやっていることがまさしく「自作自演」。朝鮮戦争で勝てなかった恨みから開始している核開発なのに、アメリカが近年我が国を脅すから核武装するのだ…との姿勢は、まさしく「自作自演」では。

「話し合い」にしても90年代からずっと、そこそこやってきたにもかかわらず、結局、北が話し合いを拒絶し、なんの解決にもならず、向こうが一人でヤクザみたいに示威(自慰?)行動をしているわけで、それを「自作自演」というならまだしも? いやはや、最近はあまり耳にしないが(?)、自分でスカートを切っておきながら、ヘンな男に切られたと記者会見で被害を訴えても、なぜか警察には届けない…なんていうのも、「自作自演」。

それはさておき、ここ、最近、土日もなく仕事中。とはいえ、別に連日徹夜というわけでもない。午後7時前後には退社? でも、まぁ、早朝起床で出社前に一仕事(午前4時前後起床~)。深夜残業はしているわけではないが、その分「早朝残業」(?)してから、出社なので、そこそこ疲れはする。

昨日(金曜)朝も午前4時から「早朝残業」。ということもあって、昨夕は某勉強会にも出る気力もなく、ダイエット中のため(?)夕方、駅ソバ(370円)を食べて夜8時過ぎに帰宅。それで風呂に入ってすぐ寝ようと思ったが、やはり週末、プレミアム・フライディ(?)だから、軽く一杯と100円程度の豆菓子…。しかし、飲みだすと一杯で終らず…。つまみも…。気がつけば、100円程度の豆菓子やイカやらの空き袋が数個食卓に散乱。ウイスキー(バランタインの安いのが一番美味い?)もガブガブ。

何か本を読もうと思って、一瞬、雨宮慶氏の『未亡人ふたり』 (双葉文庫)を手にしたが、いかん、いかんと、井上理津子氏の『すごい古書店 変な図書館』 (祥伝社新書)を読むことに。日刊ゲンダイで連載されているのは時々読んでいた。それをまとめた一冊。連載には店内写真も掲載されていたが、本にはなし。
そういえば、以前、井上理津子氏の『名物「本屋さん」をゆく』 (宝島社SUGOI文庫)も読んだことがあった。あれも日刊ゲンダイに連載されたユニークな古本屋や新刊屋ルポをまとめた一冊ではなかったか。中目黒の杉野書店などが出てきた。そちらには模索舎は出てこなかったと思ったが、祥伝社新書のほうには出ていた。

最近、日刊ゲンダイは手にしないないので、この連載、今も続いているのかどうか知らないが、行ったことのある古本屋も多いものの、初めて知る古本屋も多々あり。

こういう本は、一杯やりながら読むのに手頃。小難しい理屈が書かれているわけではなく、楽しく読める一冊でした。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ