古本虫がさまよう 2013年02月
2013 02 / 01 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03 next month













元日経、現在産経所属の田村秀男氏の『反逆の日本経済学』 (マガジンランド)を読んだ。
田村氏の本は何冊か--『財務省「オオカミ少年」論』 (産経新聞出版)等---読破してきた。経済本に関してはさほどの読解力もなく、たまにいろんな立場の人の本を読んでは、その都度、なるほどふむふむと思う程度。ただ、田村氏の主張は「反逆」というか「異説」的な色彩が従来は濃いなと思っていたが、アベノミクスの台頭によって、なんとなく正統派的になりつつあるようにも思える。
安倍政権が出来て以降、アベノミクス的な主張は何処かで聞いた話ではないか、そうそう田村氏の持論に近いのではないかと感じていた。

本書でも「安倍総理構想を先導してきた気骨のジャーナリストが明かす消費増税なしの日本再生策」とある。デフレ退治に取り組もうとしない日銀・財務省の体質を鋭く批判もしている。そのヨイショ記事を掲載する古巣日経に対しても手厳しく批判をしている。また、菅直人・野田佳彦民主党政権の無能無策ぶりも徹底的に叩いている。

国債問題に関しても、「すでに民間貯蓄を財源にして購入した米国債などを日銀に買い取らせることで、金融市場から吸い上げられた民間資金相当額を日銀資金で充当し、国内経済のために使う」べきだとしている。そういう発想もありうるのだろう。

またこの前紹介した浜田宏一氏の『アメリカは日本経済の復活を知っている 』 (講談社)では、浜田氏が、その著作の中で田村氏にエールを送っていたが、本書では田村氏が浜田氏にエールを送ってもいる。この二人の経済的思考はほぼ同一であると見ていいのだろう。

時事通信社の記者から日銀の副総裁となった藤原作弥氏のような例もあるから、日経→産経の田村氏を「日銀副総裁」ないしはしかるべき日銀内のポジションに起用することも考慮してもよかったのではないか。

田村氏は高知県出身というから、「土佐のいごっそう」なのであろう。信念を曲げない点は「いごっそう」の県民性故なのかもしれない。もし経済政策の一翼を担ったなら、あの吉田茂以来の救世主となったかもしれないのに残念? しかれども、今後はアベノミクスの「変質」もあるかもしれない。「レーガノミクス」も当初の方針から少々逸脱もしていったかと。その時には在野にあって、これまた論難すればいい。その役割を田村氏には期待したい。

それにしても朝日社説(「日銀総裁候補」「国債を引き受けますか」2・27)は、日銀総裁などに対して踏み絵(「国債の直接引き受けには断固として応じないこと」を「黒田氏には」「約束してもらいたい」)を要求している。さてこの居丈高な旧来通りの主張、いかがなものか。
朝日が反対することを実行することが日本のためになるというのは、外交・防衛政策の面では過去に於いて証明された感がある(多数講和、安保改定、自衛隊増強、PKO派遣…など)。さて経済政策でも同じことがいえるかどうか? 今後の行方を注視したいものである。 



スポンサーサイト
 | 経済  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ