古本虫がさまよう 政治
2017 03 / 02 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03 next month


ビッグブラザーはトランプか金正恩か?
(2017・2・16・木曜)





昨夜は以前の職場の関係者との「同期入社会」のようなものが神楽坂であって出席。出席者は十数人。禁煙レストランではないと出席しないとお願いしていたら、禁煙になっているからというので出席した。

とはいえ、以前も「禁煙」だからというので出席したら、室内は一応禁煙だけど、ドアを出たら、廊下に灰皿を設置してあちこちでプカプカやっているので、呆れて、「この何処が禁煙なの?」と、一時間足らずで席を立ったことがあった。幹事は何を考えているのやら? それは10年ぐらい昔のこと。さすがに、「禁煙」といったら、ちゃんとした「禁煙」という認識は高まっているのか、昨日は、室内ではタバコの悪臭を嗅ぐことなく食事ができたのは何よりだった。

とはいえ、そのレストランは日頃は喫煙自由だとのこと。だったら、こういう店には、我が家の貴重なハードカレンシーは一円たりとも落としたくはなかったと後悔はした。なにせ会費は知らされてなかったが、万札が消えたし……? もともと完全禁煙なり、完全分煙の店ならいいのだが。ここはトイレも狭く、歯磨きもできないようなレベル。手が辛うじて洗える空間しかない。これでは高級店とはとてもいえない。イマイチレストランだった。遠慮せずに、その旨、店員に伝える。 「僕はこういう店は私用でも公用でも使わないからね。今日は例外中の例外でした」と。

ほぼ同世代だというのに、髪の毛がまったくない人、真っ白な人、35年前は、55キロだったのが、今は95キロの人やら、さまざま(僕は体重は増減があったが、35年前とほぼ同じか少し低下)。まぁ、ものの見方、考え方やらいろいろと違いが当時からあったし、今もあるような感じ。でも、それは個性的でいいこと。人に直接迷惑をかけることのない自己主張をすることは何の問題もない。言論の自由なのだから。ただ、「同期入社会」に、当時の「上司」が来ていなかったので、今度は来てもらおうなんていう話が出たので、「あの上司が来るなら僕は出ません」とも明言する。ううむ、こういうつむじ曲がりの、常にホンネを口に出すからいろいろと後ろ指をさされるのかな?

ともあれ、デザートが出たところで、仕事があるからといっていち早く退席。帰宅して読みかけだった金成隆一朝日記者(ニューヨーク特派員)による『ルポ トランプ王国 もう一つのアメリカを行く』 (岩波新書)を読了。大変面白い。朝日記者にしては、岩波にしては(?)というと失礼になるが実に勉強になる本だ。

著者は旧来民主党の地盤だった州にいる元民主党支持者がなぜトランプ支持者になったのか、その理由を求めて各地を訪れている。著者は、偏見なく小細工することなく彼らの言い分を丁寧にまとめ、読者に届けている。ミドルクラスの労働者たちが「職場」を復活してほしい、不法移民を使っての安い労働力に依存する企業への不満など、切実な経済的理由からトランプ支持者になっていった例が多いようだ。真面目に働く日本も、明日は我が身と思いつつ読んだ。

トランプがメインだが、民主社会主義者のサンダースにもいろいろと触れている。僕が民主党員なら、間違いなく、クリントンではなくサンダースに入れただろう。大統領選挙は? ううむ…。クリントンとトランプなら、トランプかな。サンダースとトランプだったらどうしたか? 悩ましい。その点、レーガンは最高だったね。レッドチャイナを叩きつぶす「相棒」とトランプがなれるかどうか? 何とも言えない?

それはともかくとして、この本の冒頭で、あるアメリカの大手メディアのトランプ番記者とテキサスの空港で遭遇。飛行機が遅れての到着となり、集会に急いでいた時、彼のレンタカーに同乗。その時、彼からトランプ人気に関してレクチャーを受けたという。いずれ脱落するだろうという見通しを著者がしたところ、「キミはホントに何も分かっていないなあ」との助言をもらったとのこと。彼は「トランプが共和党の候補になる」「集会の規模が違う。支持者の熱気も違う。他の候補者の集会とは比較にならない」からと。アメリカの新聞記者にも分かる人には分かっていたのだ。とはいえ、著者はトランプの主張などには懐疑的なようで、その視点からの「総括」もしている。それもそれなりに参考になる。

もちろんワシントンなどでの支持率は低いだろうが……。就任式での「観衆」がオバマより少なかった云々とはやし立てるのは、アメリカの一部マスコミの負け惜しみなのかもしれない?

ともあれ、トランプをビッグブラザーに見立てて、だから、オーウェルの『1984年』が今売れているなんてはやし立てるマスコミも日本にもあるようだ。しかし、「1984」の世界は、いまどき、他国で独裁者の身内を暗殺したりするような国にふさわしい物語ではあろう。選挙で選ばれた「独裁者」に反旗を翻すニューヨークタイムスなどがあるアメリカと、選挙で選ばれることのない、本当の独裁者を批判するマスコミのない北朝鮮や中共とどっちが「1984」かは自明だろうに。ミサイルをぶっ放すほうがはるかに脅威だろう。なぜ、もっと身近にいるホンモノの「ビッグブラザー」に目をつぶるのだろう。脳構造になんらかの問題があるのかもしれない?

本に話を戻すと、4年後、同じ取材対象者に再びアプローチするといいのではないか? 期待通りだったと言う人もいるかもしれないし、期待外れだったと批判する人もいるかもしれない。そういう認識を自由に表明できる社会に「1984」の恐れはあるまい。違法難民を排除するのと、本当の難民である北朝鮮からの「脱北者」を排除し、北に戻す中共の独裁者と、どっちが「ビッグブラザー」なのか。よくよく考えるべき。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 政治  | TB(0)  | CM(1) | Page Top↑





「安倍政権」は如何にして生まれたのか?
(2016・12・15・木曜日)





阿比留瑠比氏の『総理の誕生』 (文藝春秋)を一気呵成に読んだ。
著者は少年時代から日教組の「平和教育」に反発を感じて「反ソ反共」「北方領土返還」のスローガンを白い通学カバンに大きく書いて通っていたという。筋金入りの「反共リベラル」。最初に内定の出た産経新聞に就職。
そんな著者が、政治部記者として担当することになった若き政治家安倍晋三。波長もあったこともあろう。

「新聞業界では『右派』とされる産経新聞内でも、これらの問題で安倍ほど意見の合う人物は滅多にいなかった」「安倍の歴史観や外交・安全保障観に強い共感を覚えた」とのこと。そういうこともあって、長年安倍政治をウォッチしていくことになったという。

岸信介が祖父、安倍晋太郎が父という政治家家系で、所詮は…と思われがちだが、歴史にも経済にも見識を持ち、また保守派政治家としての強い信念も持っている政治家安倍の「実像」がかなり深く書き込まれている。以前、紹介した山口敬之氏の『総理』 (幻冬舎)も面白い本だったが、あちらはテレビャーナリスト。彼は安倍辞任をスクープ。阿比留氏も秘書からなんとなくそれを匂わせるリークを受けつつも、見過ごしてしまったという。

ともあれ、そういうスクープは別にして、票にもならない拉致問題への関心、小泉首相を操ろうとした外務省田中均氏や、反安倍の若宮啓文・元朝日記者への批判など、小気味よい。事実と検証に基づく批判だから。

安倍談話にしてもワイツゼッカーの「論理」を踏襲したとの裏舞台を紹介しつつ、批判を寄せつけない論理構築に成功しているとも指摘。
物足りないと批判していた朝日などは天に唾していたわけだ。

広島訪問のオバマとの裏舞台なども。さすがに、トランプとの面談や朴「退陣」の動きや、真珠湾訪問までは考察されていないが、文庫化される時は加筆されることになろうか。真珠湾訪問に関しては、安倍外交を毛嫌いしている半藤一利氏でさえ、どこかの新聞で評価しているのが眼にとまった。

訪問時、どんなスピーチをするか。「歴史通」(2017・1月号)で、元朝日記者の長谷川煕氏が、 「ルーズベルトに操られた日本」という論文を書いている。決して「奇襲」ではなかったことは、少なくとも外交暗号が解読されていた事実ひとつとってみても自明であろう。それゆえに「奇襲」そのものに関しての謝罪は不要だろう。普遍的な視点からの戦争の犠牲を悼みつつも、文明国家どうしの絆を深めていく方向で行なえばいい。

だが、それはそれとして、政治の場では、もう日米間では和解は済んでいる。台湾総統とも電話対談をするトランプ大統領は一刻も早く、ケネディ大使を「交代」させて、ライシャワー以来の学者大使として、ケビン・ドークを駐日大使(もしくは公使)に任命し、靖国神社に昇殿参拝されるといいだろう。ネバーセイネバー。

「精力絶倫家」、いや「戦略研究家」として知られるエドワード・ルトワックは来日した際、安倍首相とも懇談。その感想として、 「安倍に教えることは何もない。彼はおそらく学問的に戦略論を系統的に学んだわけではないだろうが、生まれついての戦略家だ」と評価し、生まれついての戦略家としたら、政治家としてはほかには「英国のウィンストン・チャーチルがいる」と述懐したそうな。また身びいきもあるだろうが、首相側近のスピーチライターの谷口智彦氏は、「安倍首相の近現代史に関する記憶力はすごい。首相にとって日本の近現代史は、他人事ではなく自分の家族の歴史でもある」からと。

引き続き、屋山太郎氏の『安倍外交で日本は強くなる』 (海竜社)を読み進み中。

内容紹介→安倍晋三首相は、なぜ、あの時、あの国を訪れていたのか――。
膨張政策をとる中国、日米同盟とトランプ氏勝利の余波、英国のEU離脱の衝撃、プーチン氏来日と懸案の北方領土問題――。
激動の世界情勢、山積する外交課題の中で、安倍首相はどのように諸外国と渡り合っているのか。
日々、報道されている安倍外交の裏側を読み解き、その真の狙いと今後の展望に迫る!

出版社からのコメント→第二次政権発足以降、外交に力を入れ、頻繁に外遊を行ってきた安倍晋三首相。
その外遊の様子は新聞やテレビでも報じられていますが、安倍首相が、なぜ、あの時、あの国を訪れたのか、
訪れた先でどのようなメッセージを発していたのか、という外交上の真の狙いはなかなか伝わってはきません。
本書では政治評論家である著者が、取材に基づいて、安倍外交の裏側を解き明かしています。


気がつけばサミット先進国で一番の「古株」。外遊を重ねて、左翼リベラルのレッテル貼り・印象操作でしかなかった「悪しき歴史修正主義者」「右翼政治家」も正しい方向に修正されつつあるとのこと。結構なことではないか。

ただ、そのために、少なからず「妥協」も強いられている。靖国神社にも参拝しなくなって久しい。国防姿勢に関しても、後退的側面も無きにしも非ずでは。その点に物足りなさを感じる向きもあることだろう。そういったマイナス点も指摘し認識しておく必要はあるのかもしれない。さらには、安倍政治を一方的に論難する本も多々ある。そういう本も暇あれば読んでおきたいものだが……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





トランプは「アメリカの慎太郎」?
(2016・11・12・土曜日)





昨夜はちょっと仕事のつきあい(飲食?)があって帰宅が遅く、朝方寝床で点けたラジオで、大統領選挙の解説をしているのを聞いた。
ワシントン・ポストが投票日前日12人ぐらいの識者の予想を載せたが、全員がクリントンの勝利を予想していたという。そういう中、チャールズ・クラウトハマーはトランプ勝利を予測していたという。クラウトハマーとは懐かしい名前。僕は英語ができないので、彼の論説は、世界日報に掲載されていたのを、昔は時々目にしていただけだ。ネオコンに近い立場だっただろうか?
ともあれ、総得票数ではクリントンのほうが多かったようだし、辛勝は辛勝。まぁ、なるようになる、ニーチェーボー、テイクイッツイージー、禍福はあざなえる縄の如し……でやっていくしかあるまい。 「アメリカの慎太郎」と思えば、どうってことはない?

それはともかくとして、清水潔氏の『「南京事件」を調査せよ』 (文藝春秋)を積んどくして久しい。産経新聞がしばしば本書を取り上げて批判している記事を拝見。写真の流用などでおかしな点があるとも。ふむふむ、なるほどと。
逆に、この本は、「しんぶん赤旗」(2016・10・23付け)で、肯定的に紹介されていた。
「『南京事件』否定論を封じ込める労作です」とのこと。その理由は、日本軍兵士たちの陣中日記などに、揚子江河岸での機関銃による中国捕虜の銃殺と銃剣による突き刺しの場面があり、そうした一次資料を手がかりに丹念な裏付け取材をしているからとのこと。ふうむ、赤旗が推薦する本か……。

ともあれ、読むべきだろうが、日活×葉月奏太氏の『ピンクのカーテン』 (双葉文庫)を読んだ。日活が昔上映したロマンポルノ映画「ピンクのカーテン」の活字化版とのこと。美保純主演だったか。彼女は人気があったそうだが、いまのアダルト女優の「顔形」「胸幅」からすれば、それほどのものではなかったと思う。大橋未久のほうがはるかにいい……?

ともあれ、「兄妹」の近親相姦をテーマにした作品。妹がいれば、それが美人でなくとも、その友人には美人がいて、知り合いになれるというパターンがありうる? 実際、とても素敵な美女が、結婚した相手が、友達のお兄さんと聞いて、ううむ…と思ったことがあった。

僕は長男だったから「兄嫁」はいなかったし、弟しかいなかったから、「妹の友人」と接する機会もなかった。残念?
少し前に家が揺れていた?(地震! 6・43分ごろ東北でやや強い地震とのこと。震度4前後。東京周辺も揺れたね)

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑


やはりネバーセイネバーだったか?  トランプ辛勝 さらばクリントンよ
(2016・11・9・水曜日)





毎日、本欄の末尾は、 「ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!」で終わっているが、本日の大統領選挙の開票速報を見るにつけ、この前の英国のEU脱退の選挙結果といい、大手マスコミの予想や予測や分析がいかに杜撰というか、感情移入が激しいものがあるかが理解されるのではないか。なにしろ、帰りの電車車内では「世界はどうなるのかな?」「第三次大戦かな?」とささやきあっている人もいた。洗脳?番狂わせ? 「独立党」のような第三者が当選したのなら番狂わせだろうが、何の衝撃もあるまい。何度でも唱えよう? 「ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!」  

 なるようになるって! トランプが大統領になったからアメリカから移住するなんていっている人(在米日本人)もいるようだが、あまりスマートとはいえない反応。そんなこといえば、翁長雄志さんが沖縄知事になった段階で、僕が沖縄に住んでいれば、とりあえずは高知にでも移住したほうがいいと考えたかもしれない。でも、どっちも日教組・日共が強いから五十歩百歩かな?

ともあれ、今晩は、レーガンが無能なカーターに勝った時のような高揚感はなく(あの時は、誰かと乾杯したかな? 1979年11月の日記を読み返せば何か書いているかもしれない。あのころ、まだ二十歳になったばかりだったか?)、「ブリッジ」好きの古女房が作ってくれた具のあまりないカレーを帰宅して食べながらニュースを見て少し過ごした。浮気フェラ亭主に三行半もできないような自称リベラルのクリントンおばさんのあの顔を、これからはあまり見なくてすむのは有り難い?

さらに読みかけだった江崎道朗氏の『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』 (青林堂)を読了。日本以上に左派リベラルが圧倒的な支配力を持つアメリカのマスコミ、それに依拠することの多い日本のマスコミが展開する大統領選挙情報、アメリカ政治論がいかに「民衆」「世論」からズレているかを具体例とともに説得力ある筆致で問いただしている力作。トランプの逆転勝利を告げる日に読了したのも意義深い。ただ、江崎氏は「ネオコン」をかなり批判しているけど、クリントンよりは良い奴では?……。つい最近亡くなった保守派の長老(女性)、シュラフリーという人は、トランプ支持を共和党保守派に訴えつづけていたという。彼女の願いは叶えられたというべきか? ネオコンも今後どう対応すべきか? 

江崎氏の本の本文は「一身独立して一国独立す」との福沢諭吉の『学問のすすめ』の中の言葉で終わっている。なるほど。福沢諭吉といえば、渡辺利夫氏の『士魂 福沢諭吉の真実』 (海竜社)がある。左翼リベラル派による福沢諭吉解釈の歪みに反論した書。これも面白い本だった。

それにつけても、トランプの大統領までの歩みは、映画「ロッキー」を思い出すね(映画そのものは、ロッキーは僅差でチャンピオンに負けたが、半ば勝ったようなもので、再戦となって「ロッキー2」へ続く……)。この伝だと、フランス大統領選挙は、ルペン(娘)が当選かな? ここは一度目の投票で絶対過半数を取れなければ、上位決定戦もあるが……。

それにしても、この前、安倍さんが訪米した時、クリントンには会ったものの、トランプは素通りした感があったが……。外務省の安易なエスタブリッシュ路線の線路を走っていては、まともな対米外交はできないだろう。僕が外務省の役人なら、「ネバーセイネバーですから、トランプとも会っておきましょう」と助言していただろうに……。

「トランプさん、お手並み拝見しましょう。ともあれガンバレよ」と小さな声で囁いておこう。まずはケネディ大使に代えてケビン・ドークさんを日本大使にするといいね。できるかな?

僕がアメリカ人ならば、トランプに投票しなかったかもしれないけど、もちろん、クリントンなんかには投じたりはしなかっただろうから。議会選挙では、共和党に入れたことだろう。敵の敵は味方、より悪の少ないほうを選択する…のが民主主義の基本ではあろうが。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑




ノストラダムスもびっくり? 副島隆彦さんの予言通り、次期大統領はトランプで決まりか?(2016・11・9・水曜日)





アメリカ大統領選挙の投票も始まり、まもなく終わり……。そんな時に、横江公美氏の『崩壊するアメリカ トランプ大統領で世界は発狂する!?』 (ビジネス社)と江崎道朗氏の『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』 (青林堂)を読み進めている。


横江氏はアメリカの保守系シンクタンクのヘリテージの上級研究員も務めていた人。毎日新聞のコラムで、トランプってユーモア感覚もあるオッサンといった趣旨の指摘をしていて、おやっ?と思ったことがあって手にした次第。理想の上司というか、一緒に酒を飲みたいかなどで見ると、共和党候補の中ではトランプがやはり一番人気だったという指摘も本書でしている(この本は2016年4月の刊行のため)。またトランプの柔軟な姿勢(中絶問題など絶対反対の宗教右翼ではない)も解説している。まぁ、タイトルは酷いが、中身はまとも?
こういうタイトル本を見ると、思い出すのが、ジャン・フランソワ・ルヴェル。 『全体主義の誘惑』 (新潮社)、 『民主主義国の終焉 宿命の東西対立』 (芸艸堂)、 『グローバル・デモクラシー』  (青土社)などの著者として知られるが、 『インチキな反米主義者、マヌケな親米主義者』 (アスキーコミュニケーションズ)という本も訳出されている。ううむ…。親米派ルヴェルの本としては、タイトルが内容と一部一致していなかったと記憶しているが……。

江崎氏は、保守派の論客として頑張っている人。アメリカで、保守運動の動きを取材もしている。そういう体験から、トランプ現象を分析している。移民反対論にしても、「不法入国した」移民の取り締まり強化を訴えているだけだと。これって、かつて石原慎太郎都知事が、「不法入国した第三国人」と発言したのを、「不法入国した」を割愛したのと似ているではないか。第三国人が差別語だと批判した向きもあったが、古本を見ていると、ごく普通に「第三国人」と使用している例が見られたものだった。

いずれも読了していないが、面白そう。

いち早く「次はトランプで決まり!」と帯にうたっている副島隆彦氏の『トランプ大統領とアメリカの真実』 (日本文芸社)は未見未読だが……。
僕がアメリカ人なら、どっちに入れるか? ううむ……。投票所に行って、棄権か? デブった女性は嫌いだからクリントンには入れない? 妻はクリントンと似た体型であるにもかかわらず、ブリッジが好きだから「トランプ」か?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ