古本虫がさまよう エロス
2017 03 / 02 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03 next month




やはり、人間は、ジキルとハイドですな、ということを想起させる覗きノンフィクション 神様、ビッグブラザーはみんな知っている?
(2017・3・24・金曜日)

ゲイ・タリーズの『覗くモーテル観察日誌』 (文藝春秋)は大変面白いノンフィクション作品だった。


内容紹介→天井裏に自分だけの覗き部屋を作ったモーテル経営者、30年の奇妙な記録
1980年のはじめ、著者のもとに一人の男から奇妙な手紙が届く。男の名はジェラルド・フース。コロラド州デンヴァーでモーテルを経営しており、複数の部屋の天井に自ら通風孔と見せかけた穴を開け、秘かに利用者たちの姿を観察して日記にまとめていると言う。男を訪ねた著者が屋根裏へと案内され、光の洩れる穴から目撃したのは、全裸の魅力的なカップルがベッドでオーラルセックスにはげむ姿だった――。ヴェトナム戦争で傷ついた兵士とその妻の行為から、不倫や同性愛、グループセックス、さらには麻薬取り引きの絡んだ殺人事件まで、三十年に及ぶ記録からはアメリカの世相、性意識の変化が見えてくる。

目次→1 男からの手紙、そして出会い 2 十九世紀の覗き魔について書かれた本 3 見せかけだけの通風孔と屋根裏ツアー 4 『覗き魔の日記』の束 5 観察対象第一号 外見、行動、結論 6 グループセックスと、レズビアン教師 7 傷ついたヴェトナム戦争帰還兵とその妻 8 これこそがリアルな市井の人々 9 覗き魔を苛立たせる宿泊客たち 10 行為のさいに明かりを消すかどうか 11 自宅まで中年女性を尾行して 12 なぜ部屋から羊の声が…… 13 夜な夜な、叔母の部屋を覗いていた 14 少年時代、覗き魔が育った町 15 花形チアリーダーの彼女と別れた理由 16 海軍時代、売春宿で童貞を卒業 17 利用客を被験者にしたテスト 18 性欲レベルが異なる夫婦 19 一度だけ覗き穴が露見しかけて 20 かなり活発なカップル=十二パーセント 21 覗き魔を大いに喜ばせた男と女 22 女性のマスターベーションの動機 23 あらゆる男は覗き魔である 24夫婦交換がうまくいかない場合 25 観察の耐えがたい近親相姦 26 殺人事件を目撃した夜 27 どんどん人間ぎらいになる 28 浮気、離婚、新しい伴侶との邂逅 29 モーテルを売却して引退へ 30 懐かしの街、オーロラ 31 ついに日記の公表を決意 32 覗き魔の蒐集品 33 覗き魔の告白 34 通風孔ごしの人生を過ごして半世紀 35 モーテルの解体


オーウェルの『1984』のビッグブラザーになったかのようなモーテル経営者が主人公。この人、子供の時から、叔母(母の妹)の家に行った時に、寝室などを覗き込んでいた性癖の持ち主(しかし、本書の中に、叔母の顔写真も出てくるが…。それほど覗き見たくなるほどの美女とは思えない?)。

その覗きが嵩じて、モーテルを買収した時、部屋の一部の通風孔に細工をして屋根裏から覗けるように工作。

若いカップルなどがやってくると、そういう覗き孔のある部屋に案内。そして、屋根裏覗き、観察日記(日誌)をまとめていく。ある時、それをタリーズに送る。その内容に関心を持ったタリーズは彼に会いに出かける……。

その男、自分はビッグブラザーではないと。監視カメラが増えている現状を憂えたりもしているのは矛盾? とはいえ、本書を読む限り、覗きと観察日誌はあくまでも個人的趣味の領域。それを利用して脅したりするとかそういう「犯罪行為」はしていなかったとのこと(もっとも「覗き」はいうまでもなく犯罪的行為)。

お金のあるカバンをわざと部屋に置いたりして、それを正直に届けるかどうかなども実験。ほとんどの人が猫ばば? 牧師が泊まると、エロ本を引き出しに。それを見つけた牧師はオナニーを? 健全なカップルが泊まるものの、夫は淡白。妻はオナニーグッズを出してきて慰めたりする……。こんな美人妻が、年下の少年を誘惑するようになっていく…(かどうかは不明),

ううむ、実に面白い人間観察? アメリカのモーテルは簡易宿舎だから、日本のラブホとは違う。宿泊客がすぐにメイクラブをするわけではない。その点、日本のラブホの経営者がこんなことをすればどうなるか? ラブホだと唯一最大の目的が「短時間でのメイクラブ」だから、ほぼ百パーセントの確率で、その行為を覗き見ることが可能になる。アメリカのモーテルの場合は、少なくとも日中はなんにもなくて無駄な時間を過ごすこともあるようで、観察する上での効率はあまりよくない。

彼の場合は、時々期待に胸(あそこ?)を膨らませながら、何もなくてガッカリすることもあったようだ。時には殺人やら犯罪行為などを垣間見たり、バレそうになったり…。

性愛文学の巨匠こと、富島健夫氏の小説『人間の部屋』 (青樹社ほか)は覗きをテーマにした本だったかのような?(記憶が曖昧。アパートの家主が借り手の部屋を覗きフフフ…)。

(内容紹介)→貸し部屋を造ることで深井英生の覗きと盗聴の欲望は十分に充たされた。妻の多重子も凄絶な他人の悦楽に痺れる。しかも英生は大家として、魅惑的な間借り人の美女に接近し多重子を、さらに刺激した。男女の性的異常性・好奇心を徹底的に観察して、人間の本質に迫る…といった内容。

この「内容紹介」だと、タリーズの本に出てくる覗き夫妻と同じような印象を受ける。

翻訳モノでは、ノーマ・イーガンの『義母の寝室』 (フランス書院)は、たしか、若い妻と再婚した父が亡くなり、残された義母と少年の間の微妙な空間、そして少年の、義母のみならず隣家の奔放な若夫婦の痴態に誘惑されるかのような覗きが嵩じて…ふふふの世界を描いた傑作小説だ…。「身内」と「お隣さん」ならまだいいが……。

そのほかにも睦月影郎氏の『義母の寝室』 (二見文庫)や鏡龍樹氏の『叔母の寝室』 (フランス書院文庫)という傑作もある。ただし、言うまでもなく寝室や風呂場やトイレの覗きは犯罪行為です。

日本でラブホ経営者がこんなことをやったら、もっと凄い観察記録が、短期間で書けるのでは……。

やはり、人間は、ジキルとハイドですな、ということを想起させるノンフィクション。神様、ビッグブラザーはみんな知っている?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





『コンビニ人間」『コンビニ店長』があるなら『コンビニ女店員』もあってもいいのでは?
(2017・3・11・土曜日)





ブックオフで、吉野準氏の『ある警視総監日記』 (角川文庫)を108円で、日下忠氏の『コンビニ店長 24時間営業中』 (二見文庫)を410円で購入。クーポン(500円)があったので、それと、はみ出した18円分はポイントカードで購入。現金ゼロ円。吉野氏の本は単行本(新潮社)で一読した記憶がある。最近だと、 『情報機関を作る 国際テロから日本を守れ』 (文春新書)を面白く読んだ。

ともあれ、『コンビニ店長』は、芥川賞を取った村田沙耶香氏の『コンビニ人間』(文藝春秋)のパロディか。あちらは30代半ば過ぎの未婚の「女性店員」が主人公だったが、こちらは元刑事で、訳あって退職してコンビニ店長になった独身中年40代前半男が主人公。


『コンビニ人間』を評した時は-----


特定嗜好分野の小説以外の小説はあまり読まないのだが、たまたま「コンビニ」と聞くと、ノンフィクション本だが、竹本遼太氏の『コンビニ難民 小売店から「ライフライン」へ』 (中公新書ラクレ)、三宮貞雄氏の『コンビニ店長の残酷日記』 (小学館新書)を読み、本欄でも紹介していたので、手にした次第。特定嗜好分野の小説でも、「コンビニ勤務女性」が登場するラブ(エロス?)ストーリーは、まだないのでは?

フランス書院文庫にも、いずれ古本屋未亡人を主人公にしたエロス小説が登場するのではないか。いや、最近は芥川賞を受賞した村田沙耶香氏の『コンビニ人間』 (文藝春秋)がブームになっているから、「コンビニ」を舞台にしたエロス小説もできるのかもしれない。コンビニも最近、近所への配達をしているというから、美人コンビニ店員を創造し、そういうアクセスプロセスを活かせるかもしれない。

-----と書いたが、「店長」(男性)を主人公にするとは、なるほどとも?

マドンナメイト文庫ではなく二見文庫なので、エロスシーンは抑え気味(ということもない?)。珍しく『コンビニ人間』を一読していたので、手にした次第。百田尚樹氏の『永遠の0』 (講談社文庫)のパロディを、睦月影郎氏が『永遠のエロ』 として書いている。おお、この本も二見文庫だ。


「店長も、お寂しいでしょう…」
強盗退治、警察への協力、そして女性の欲望に応えて……店長は眠らない!
42歳でコンビニ・ブンブンの雇われ店長をしている夕樹は、元警部補。
とはいえ、店に立っている間は、始終女性客の顔を見ながらよからぬことを想像している。
ある出来事をきっかけに、パートの人妻やバイトの女子大生に言い寄られるようになるが、かつての同僚から協力を求められた事件の犯人の女にも迫られてしまい……。
期待の若手による、書下し官能エンターテインメント!


風俗でしか性処理できなかったのに、店にやってきた「強盗」を撃退してからウンが向いてきた店長。アルバイトで雇っていた人妻店員やら、同じマンションに住む母娘やらと。ある強姦事件がらみで、コンビニを介在してストーリーが展開していく。まずまずの作風なのだが、最近の流行りなのか、「臭いフェチ」的な筆致には若干辟易とする。睦月影郎さんの作品にもそういうものが多いが……。まぁ、この小説を読んで、脱サラしてコンビニ店長になれば、こんなに楽しい生活が待っている…とは誰も想像はしないだろうが……。

それはともかく、ヒット本のタイトルをまねたものとしては、積んどく中だが、知念章氏の『基地反対運動は嫌いでも、沖縄のことは嫌いにならないでください』 (ワニブックス)がある。井上達夫氏の『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』 (毎日新聞出版)、 『憲法の涙 リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください 2』 (毎日新聞出版)のパロディでは。面白そう?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑




アダルト・ビデオは、見る時も出る時もお気をつけて?(2017・2・20・月曜日)





森林原人氏の『AV男優 森林原人のイケルsex』 (扶桑社)を読んだからというわけでもないが、ちくま新書から出た、宮本節子氏の『AV出演を強要された彼女たち』を読んだ。宮本さんは弁護士ではなくソーシャルワーカーのお仕事をしているそうな。

内容紹介アイドルになれると思ったら、AVだった! 彼女たちが陥ったとんでもない事態とは。
モデルにならないか、とスカウトされ契約書にサイン、いざ撮影となって現場に行ってみたらAVだった。嫌だと訴えても、契約不履行で違約金がかかるぞ、親にバラすぞ、と脅され、仕方なく撮影に応じると、以後、次々に撮影を強要される……。「AV出演を強要された」女性からの生の声を聞き支援するなかで見えてきた、驚くべき実態を報告する。


モデルの仕事と思って、サインしたら、いろいろと…といった被害を訴える女性たちと著者は接している。まぁ、二十歳ぐらいのまだまだ世間知らずの若い女性を嵌める悪い奴らというイメージが増幅されるが……。女性の側ももう少ししっかりしなくちゃと思わないでもない。親に知られたくないからと、ズルズル引き込まれて言ったり。多少なりとも出演料が支払われるために、同意だったと向こうが言い張る余地も生れてしまうというディレンマ。大いに同情はするし、犯罪的行為は摘発すべし。だが、多少は「自己責任」もあるだろうなとも。この前も公務員が、退職金で有利な投資があると勧められて、それにひっかかる詐欺事件もあったようだが、ニュースを聞く限りでは、ひっかかるほうにも責任がある? マァ、銀行なんかの勧める退職金活用プランも「五十歩百歩」でしかないように思えるが……。

異論もあろうが、アダルト女優も今や「立派な女性の職業」として確立された感があるのでは? 以前、永沢光雄氏の『AV女優』『AV女優2』 (文春文庫)や、中村淳彦氏の『アタシは生きる!! AV女優22人の人生』『名前のない女たち 企画AV女優20人の人生』 (宝島社)や、黒羽幸宏氏の『裸心 なぜ彼女たちは女優という生き方を選んだのか?』 (集英社)を紹介したことがある。併読をおすすめしたい。

以下、一応一般論としていうけど(?)、アダルト男優にはあまり問題がないのかもしれないが、アダルト女優に関してはいろいろと問題もあるようだ。ただ、北朝鮮の人権問題には無関心だけど、こういう問題に関しては、そこそこの関心を持つ、自称「人権弁護士」も少なくないようだが……。まぁ、人権は大事だから、せいぜいがんばってください。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





中学2年生の時、AV女優・桜樹ルイの『新説 伊豆の踊り子』に出会うか、『朝日ジャーナル』に出会うかで人生は変わる?
(2017・2・19・日曜日)




森林原人氏の『AV男優 森林原人のイケルsex』 (扶桑社)を読んだ。ベテラン男優とのこと。ううむ。知らない?


ウィキペディアでは、こう紹介されている。
森林 原人(もりばやし げんじん、1979年5月26日[1] - )は、日本のAV男優。1999年にデビュー[2]。経験人数は自称8000人[3]。
中学受験でラサール、麻布、栄光、筑駒の全てに合格し、筑駒に入学[4]。
中学生の頃からAVに夢中になる[4]。中学2年生の時、初めてAVを購入。作品は桜樹ルイの『新説 伊豆の踊り子』だった[5]。
少しでもAV業界に近づくため、高校卒業後、レンタルビデオ屋でアルバイトをする[6]。この時、アルバイト先の店舗で最も多くAVを借りている客が自分だったことを顧客情報で知り、「僕にはモザイクの向こうに行く資格があるんじゃないか」と自負したという[6]。しかし、当時は親バレやヤクザへの恐怖などから、まだAV男優の仕事を始める決心がつかなかった[6]。
一年浪人して、専修大学文学部心理学科に進んだが、大学のランクに納得がいかなかった他、無理をして入った社交ダンスサークルに馴染めず[6]、20歳の時、1年生の夏休みにV&RプランニングでAV男優のアルバイトを始め、大学は中退……以下略。


女性からの性相談に答えるという形の本。恋人が早漏すぎるとか、あれが小さすぎるとか……。睦月影郎さんの小説の読みすぎかもしれないが、相手からヨダレを飲んでと迫られて困っているとか…。まぁ、その人にとっては大きな問題ではあろうが、国際情勢の変動にはあまり関係のない人生相談。

「私、男子校の女教師なんです。保健体育を教えています。自分でいうのもなんですが、わりと美人でグラマーで。それで生徒から迫られて困っているんです。この前も保健室に休みにきた一年生の男の子が、いきなり抱きついてきて「先生、好きです」と迫ってきて。それで仕方なく…手と口でしてあげたんです。そしたら、また迫ってきて。どうしたらいいでしょうか?」なんて性相談はなかった。残念?

森林さんには『セックス幸福論 偏差値78のAV男優が考える』 (講談社)なる本もあるそうな。ウィキペディアにもあるように、偏差値78というのは、子供時代のことか? それにしても、せっかくの高い偏差値も、中学2年からアダルトビデオにはまってそういうモノを見ては、ちょっと人生を誤る(?)というか…。高校生になってから…のほうがいいのかも? 僕は中学2年のころは「朝日ジャーナル」に出会って、道を間違えかけたことがあったっけ? いやいや、バカなことを書いている雑誌があるものだと呆れたから大丈夫?

今はネットで「女教師」とうつだけで、いろいろと出てきて、無料の「サンプル動画」でいろいろ楽しめる時代。この前、ブックオフで、108円で、「(月刊)プレイボーイ」創刊第三号というのを買った。黒白人女性のヌード写真やら筒井康隆さんの小説やらいろいろと掲載されているが、さほどの感激もない? 当時十代半ばだった少年が手にしたなら、それなりの感激モノだったかもしれないが……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑







ワードスミスの『彼』『彼女』 (二見文庫)に匹敵するラブロマンス小説
(2017・2・18・土曜日)






睦月影郎氏の『淫と妖の伝説』 (双葉文庫)を読んだ。

内容紹介
藤沢に住む十八歳の浪人生竜崎文夫は、高校の同級生の滝川早紀に誘われ、早紀の母親が経営する出版社でアルバイトを始める。「湘南ビーナス」という女性向けタウン誌のミステリーページの制作を手伝うことになった文夫だが江ノ島の岩屋と富士の風穴が繋がっているという伝説の調査を進めるうちに、妖しく淫らな経験を重ねていく。オリジナル長編フェチック・エロス。


まぁ、ベテラン作家による、ストーリーに若干の変化、冒険心をつけた感じのエロス小説。

その点、松崎詩織氏の『残り香』  (幻冬舎アウトロー文庫)は、なかなかの本格的性愛小説。

愛する姉の涼子が死んだ。華奢な背中の震え、髪の甘い香り。深い情愛と性愛を整理できぬまま、私が彼女の手の中に射精したあの夜、姉は眠っていたのだろうか。結局、私はその答えを確かめられなくなったー。「おじさまがママにしたかったこと、私が全部受けとめてあげるわ」。禁断の快楽に翻弄される男の姿を描く、著者初の長篇情痴小説。

両親を交通事故で失い、女子大生だった姉と二人で生きていく主人公。その性遍歴を綴ったもの。近親相姦、転校先の美人同級生の眼差し、保健女教師の誘惑……。その姉夫婦が交通事故で亡くなり、残された一人娘。しばらく見ない間に姉にそっくりの美少女になっていた。まだ十代前半だったが……。次々と目まぐるしく展開していく性の回想とリアルタイムで展開するダイナミックな転回。大変面白く読んだ次第。こういうジャンルでのこういう面白さは、以前読んだワードスミスの『彼』『彼女』 (二見文庫)に匹敵する(ものがあった)。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ