古本虫がさまよう エロス
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month






小田実と北山悦史の官能表現の相違とは何か? フェチといえば 「書痴」?
(2017・8・5・土曜日)




前日の本欄で紹介した田中雅一氏編の『侵犯する身体 フェティシズム研究3』 (京都大学学術出版会)だが、書き忘れたことがあった。編者(田中氏)の「あとがき」でおやっと思ったこと…。

北朝鮮贔屓の「痴の虚人」であった小田実サンの小説『現代史』が紹介されていたからだ。河出書房新社の上下本としてまずは紹介されているが、僕が所蔵しているのは角川文庫版。文庫だと上中下の三冊? 一冊だったような記憶があるが…? 合わせるとかなり分厚かったかと。ただし、積んどくして何十年か?

田中氏によると、この本は谷崎潤一郎氏の『細雪』を意識して書かれたもので、フェティッシュな要素があるとのこと。対象は足ではなく下着で、主人公の聖子が高校二年の時アメリカ留学から持ち帰ってきたものとして紹介されているのが、ベージュのスリップ、初夜用の「天使の羽根のように長いケープのついた薄いピンクのネグリジェ」等々だったという。

小説では、聖子が、そうした「おもいでの下着」を手に、鏡の前で悶々とするシーンも描かれている。

「これまで一度だけ聖子はそれ(ネグリジェ)を着て母の室の大きな姿見のまえに立ったことがある。ちょうど父も母も弟の和人も二人のお手伝いさんも家じゅうが出はらっていたときで、聖子は長いあいだためらったあげく、口紅を思いきって濃いめに刷いてからネグリジェを着た。いつも着ているパジャマとちがって、そのナイロンのネグリジェはケープを上にはね上げると、恥ずかしいほど体が透けて見えた」
「少し寒かったがブラジャーとパンティだけで大きな姿見のまえに立っていろいろなしなを作ってみせた。これで黒い靴下でもはけば、それこそその道の女と見えないこともないと思うと、急に恥ずかしくなってすぐスリップを着込んだ…」


ううむ、ちょっとした官能小説家の筆致ではないか。小田実を見直した?

そのほかにも三木卓氏の『野いばらの衣』 (講談社)が紹介され、足や匂いへのこだわりがどういう風に構成されているかが記されている。

「思わず鼻を近づけ臭いを嗅いだ」「わたしは半狂乱になりながらその足もとにひざまずき、唇を押しつけた。その足に鋼のような力感がみなぎっているのに気づいたとき、わたしはよろこびを感じた」

ともあれ、そういう刺激を受けて(?)、北山悦史氏の『兄嫁の香り』 (二見文庫)を一読。 2007年の作品。田中氏の先の本に収録されている論文「ランジェリー幻想 鑑賞小説と盗撮、格子写真」には、分析した48冊のこの手の小説一覧が出ているが、残念なことに、北山さんの作品は一冊もない。「臭い」(匂い)フェチ作家の睦月影郎さんの作品は『先生と僕 放課後の初体験』 (マドンナ社)など5作が入っている。

『兄嫁の香り』の内容紹介→高校二年生の淳矢は、最近結婚して同居を始めた兄の妻・彩音に密かな憧れを抱いていた。物干し台で風にひるがえる色鮮やかな彩音の下着の数々に好奇心を刺激された彼は、手に入れたい一心で兄夫婦の部屋を通り、物干し台へ…。と、校正の仕事をしている彩音の机の上には官能小説のゲラが、そして、机の下には脱いだばかりと思われるパンティが―。斯界の第一人者が巧みな筆致で誘う背徳の世界。

兄嫁のカラフルな下着に幻惑され、兄嫁の友人(女性)に導かれ、同級生とも…。そして最期には兄嫁とも…といった定番だが、主人公(高校生)の「性春」の悶々とした日常生活もそれなりに描かれ、ストーリーの展開があり、葛藤もそこそこ描かれている佳作。

兄嫁の部屋に忍び込み、脱ぎ捨てられたショーツを見つけ、手にして「この世でこれ以上貴重なものはない」と感動するあたりに共感する向きも?

「息を吸うまでもなく、顔面の脳髄に女の芳香が染み渡った。洗濯済みのものではない」「ううう。これが……これが女の人のあそこの匂いなんだ」「自分が変態男になっていると思うと同時に、至福にひたされている、と感じた」「一つ間違えば、誤った一線を越えれば、とんでもない行為に走ってしまうことを無意識に感じ取っていて、それでそうならないよう、自分を律してきた…」「淳矢はショーツを両手に広げ、正面向きで見た…」(以下略)。

ともあれ、最近の流行語ではないが(?)「一線を越え」てしまう少年だった?

古本なども、初版本にこだわったり、「帯」の有無にこだわったりするのは、ある意味でフェティシズムといえようか。 「書痴」という言葉もある。この前亡くなった渡部昇一さんなども、「書痴」を自認していたようだ。そのあたりは『追悼「知の巨人」渡部昇一 まるごと一冊 永久保存版』(ウイル臨時増刊号・歴史通)でもうかがえる。ネットのテレビでも宮崎美子さんとやりとりしている映像を見ることが可能だ。

僕なんかは本は読めればいいということで、電子本に関しては、技術的理由から」あまり使用しないし(キンドルは持っているが、タンスの肥やし?)、エロス文庫にしても、カバーを捨てたりして読んだりしていたものだ。古本屋で一番高く買った本は一冊8000円程度(それをまた「積んどく」している?)。数百万円(数千万円?)単位で本を買ったりしている渡部さんや鹿島茂さんなどは、雲の上の人?

それはさておき、そうしたフェチはわかるとしても、先の研究書の中ではダッチワイフ、ラブドールへのフェチについての考察もあった。参考文献に睦月影郎氏の『美女と野望』 (双葉文庫)や高月靖氏の『南極1号伝説 ダッチワイフの戦後史』 (文春文庫)が見当たらないようなのはちょっと?ではあるが…。こういうものを蒐集する人もいたかと。一冊ならぬ一体で何十万、何百万もするものがあるとしたら、蓼食う虫も好き好きにもホドがあるかな?

いや、趣味は人それぞれ。合法的な範囲なら、自由。盗むのは犯罪だが…。隣家の未亡人のそれと兄嫁のそれとは「一線」の違いがあるか? いろいろと難しい問題が?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑




京都大学学術出版会は新左翼からエロス出版社に転向(したわけではなかった)?
(2017・8・4・金曜日)





夏休みに読まなくてはいけない重厚長大ベスト10をこの前披露したが、まだ忘れていた本が何冊かあった。

①楠茂樹氏&楠美佐子氏の『昭和思想史としての小泉信三 民主と保守の超克』 (ミネルヴァ書房)
②荻野富士夫氏ほか『「満洲国」における抵抗と弾圧 関東憲兵隊と「合作社事件」 』 (小樽商科大学出版会 ・ 日本経済評論社(発売)
③ハーバート・フーバー/著  ジョージ・H.ナッシュ/編 『裏切られた自由  フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症-上』 (草思社)
④田中雅一氏編の『侵犯する身体 フェティシズム研究3』 (京都大学学術出版会)

そういえば、何年か前に、出たことを紹介した春日井邦夫氏の『情報と謀略 上下』 (国書刊行会)も積んどくしたまま。いやいや十数年、何十年?前に購入した古川ロッパの晶文社から刊行されている四巻の日記(『古川ロッパ昭和日記』)も積んどくのままではないか。同じ晶文社から刊行されているバーネット・ボロテンの『スペイン内戦 革命と反革命 上下 』 (晶文社)は、とにもかくにも一読はした。

ともあれ、まずは、田中雅一氏編の『侵犯する身体 フェティシズム研究3』 (京都大学学術出版会)を拾い読みしつつチャレンジ。これがなかなかのユニークな「学術書」なのだ。

しかし、アマゾンの「内容紹介」は、たったの一行→身体が精神の呪縛からわたしたちを解き放つ。ヒトと身体とモノの不思議な関係を究めるシリーズ完結編。 これでは売れない?

僕がこの本の編集者ならこんな「内容紹介」にするけど?

『癒しとイヤラシ エロスの文化人類学』 (筑摩書房)の著者・田中雅一が編纂。天下の京都大学教授をはじめ、女性研究家も含めたフェチ研究の数々。書名は『侵犯する身体』ともっともらしいけど、要は『スケベな人間のフェチ願望はなぜ生まれるのか』がテーマ。ありふれた感想文ではない、緻密な学者ならではの学術的解剖を賞味されたし。電車の中でも読めるエロ本なり。

十数人の「学術的論文」(要は「註」が沢山ついた論文)が並んでいるが、やはり圧巻は編者代表の田中氏の「ランジェリー幻想 官能小説と盗撮、格子写真」であろうか。

論題の「ランジェリー」ということで、官能小説における「下着」の描写がどういうものであるかをまず分析。48冊の書名が並ぶ。睦月影郎氏や牧村僚氏やトー・クンなど。僕の読んでない作品、作者もいる。

それらの中には下着を描写している場面が288あるとのこと。「ブラ」「パン」さまざまだから、場面数より下着数の総計が多くなる。下着の種類としては、パンティ、ショーツ、スキャンティ、パンツの表現するものは同一だと考えると、圧倒的にパンティ、そしてブラジャーが多数になるとのこと。

そのほか、スリップ、ガーターベルト、ガードル、キャミソールなど…。形状はビキニ、ハイレグ、スケスケ…。色などの分析も。匂い(臭い?)についても、チーズ臭、甘酸っぱい、磯の香…など。文中の適宜引用も。
盗撮画像の分析も出てくるが、なぜか、それはイラスト(ネット上には写真でアップされている)との注記がある。ということは、さすがに学術書だから、オープンなネット写真でも掲載するのはまずいとの判断?

ほかにも写真はまずいということからイラストで描写する例もあるが、コラムで、「アダルトビデオにおける『フェティシズム』」のところでは、「尻」がらみの一連の作品の「カバー」写真は何点か掲載されている。「表紙」はいいということか?

ともあれ、田中論文では、下着カタログと考現学など、筆致はさらなる展開。ベンヤミンなんか出てくると、突如小生の関心は低下していくが、とにもかくにも、下着を「学術的」に解析すると、こんな論文になるんですな---と感嘆した次第。

参考文献にあがっている、上野千鶴子氏の『スカートの下の劇場 ひとはどうしてパンティにこだわるのか』 (河出書房新社)などは画像も沢山あったかと。

大森堅司氏の『珍本パンティコレクション』 (KKベストセラーズ)が参考文献に入っていないのは疑問だが? 今後は、ワコール編の『ブラパン 100 聞きたくても聞けない、下着のホンネ』 (ビー・エヌ・エヌ新社)も見のがせなくなる?

京都大学の出版部というと、 「京都大学出版会」というところから出ている本を古本屋で時々見かけたことがあった。新左翼っぽい本を出していて、京都大学ともあろうものが?と思っていた。それが京都大学学術出版会に新装開店して、少しは普通の本を出すようになったのかな?----と思っていたが、学術出版会の案内を見ると、→類似した名称の出版社があったとのことで、 「1970年代前半に新左翼系雑誌『序章』を刊行していた序章社は、同誌創刊当時「京都大学出版会」という名称であったが、京都大学の公式団体ではなく(任意団体)、学術出版会と直接の関係はない」--とのこと。こちらの早合点勘違いだった模様?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

田中さんの本の書評を以下再録。6年前に読んだ本だった。

日本女性の貞操とオーラルヒストリー&オーラル…… 01/31/2011

田中雅一氏の『癒しとイヤラシ エロスの文化人類学』 (筑摩書房)を読了。題名からしてちょっとおふざけ本かと思ったが、著者は博士課程修了の人類学などを専攻する京都大学教授。マジメ本でした。女体盛りは日本文化か否か、代々木忠氏の作品解説論、永沢光雄氏の『AV女優』 (文春文庫)などエロスモノの著作分析論など…が収録されている。

その中でちょっとおやっと思ったのが、水野浩氏(前著)とノストラダムス大予言でも知られる五島勉氏編(後著)の『日本の貞操 外国兵に犯された女性たちの手記』『続日本の貞操』 (蒼樹社)に関する指摘だ。『日本の貞操』はノンフィクションではなく共産党員による「創作」であったとのこと。米兵に犯されパンパン(売春婦)に転落したりする女性の手記として当時は読まれていたのに……と。

両書とも積んどくしていた。五島氏編の『続日本の貞操』はすぐに見つかったが、水野氏編は見当たらず。このフィクションの事実を指摘したのが、前述のジャズピアニストでもあるマイク・モラスキーで、その別著『占領の記憶記憶の占領 戦後沖縄・日本とアメリカ』 (青土社)で詳述されている。それも積んどく本だった。慌てて該当箇所を一読。ううむ。

かつて慰安婦狩りをしたという吉田清治氏の本『朝鮮人慰安婦と日本人』 (新人物往来社)と『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』 (三一書房)が実は針小棒大なフィクションがあったのにノンフィクションとして流通し、朝日新聞をはじめとするマスコミによって吹聴され外交問題にまで進展してしまったことがあるが、これまた反米世論を増幅するために日本共産党員だった関係者によって捏造されたというのだ。

「一九九六年五月に私(モラスキー)は、この書物が出版された一九五三年当時(今はない)蒼樹社で働いていた編集者を東京でつきとめた」「電話インタビューにおいて彼は、この四つの物語が「水野浩」という実体のよくわからない人物によって書かれたことを認めた」「水野は日本共産党と関係していたらしく、横須賀の基地で働いて情報を集め、パンパンの世界にも通じていたらしい」「その編集者によれば、蒼樹社は内部での激しい論争のうえ、この本の出版を決意」「社から何人かの編集者が日本共産党の意向を探るために代々木の党本部を訪問し、蒼樹社は共産党のゴーサインを受けて初めて本書の出版に乗り出した」

まぁ、今でも女教師編、未亡人編で性遍歴を綴った手記の類が実話ではなく「創作」というのはよく聞く話だが、日本共産党の詐術の手法はその後も続いたということか。ただ電話インタビューなどや「らしい」「らしく」の表現が若干気にはなる。

といっても、この本1982年に、実録ノンフィクションとして倒語社から「死に臨んでうったえる 空洞の戦後叢書」として復刊もされている。発行者の吉林勲三氏は、この本を復刻するにあたって水野氏と連絡を取ろうとしたができず無断での重刻となったという。まぁ、存在しない人かも知れないから? 吉林氏は、立命館大学の学生時代、1969年5月に「わだつみの像」を倒壊したという。そういえばそんな事件もあったか? その「犯行」の直後広島に行き、『日本の貞操』を古本屋で入手し読んで「ひどく感動した」という。その思いを綴ってもいるが、今となっては共産主義者の手中で操られた虚しい左翼人の悲哀というしかないのかもしれない。お可哀相に!

それはともかくとして、 本屋で立ち読みした希崎ジェシカ氏の『オーラルセックス』 (ベスト新書)は口述であったとしてもオーラルヒストリー的に本人の実話であろうが? 改行だらけなので立ち読みで十分。帯に「こんな口撃で攻めてほしい」とある。自分自身の性体験、オーラル体験、クンニなどの感じるテクニックを詳述している。参考になる?

それにしても「日本女性の貞操」は何処へ消えたのやら? 勿論男も! 小谷野敦氏の童貞を綴った私小説『童貞放浪記』 (幻冬舎文庫)もあったかと。


 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





『捨てられないTシャツ』より『捨てられないブラパン』が読みたい?  『捨てられないブラパン』の登場人物は女性オンリーとは限らない? 人生いろいろ、人間うろうろ、少年えろえろ?
(2017 ・8・2・水曜日)






都築響一氏編の『捨てられないTシャツ』 (筑摩書房)を読んだ。
てっきり都築氏のTシャツのコレクションが紹介されているのかと思ったら「編著」。何十人かの男女が、思い入れのあるTシャツを一点、写真で紹介し、その思い出を記したものを集めた本。カラー写真もあれば、モノクロも。

僕は、あまりTシャツには思い入れがない。少し太りぎみで似合わないということもある。ホリエモンがよく着ていたけど、太め時代にはまったく似合わなかった。単に腹周りを覆い隠すためにゆったりTシャツを着ているのかなと(今は? ムショ暮らしでスリムになっていたかと?)。

この前、本欄で、ワコール編の『ブラパン 100 聞きたくても聞けない、下着のホンネ』 (ビー・エヌ・エヌ新社)を紹介したが、それが頭に浮かんで、ふと、 『捨てられないブラパン』という本ができないものかと。

こちらは、当然のことながら、登場人物はみな女性…になろうか。写真も全点カラーで。編者は、もちろん都築氏が適材適所だろうが……。
「勝負下着」として買ったとか、盗まれたけれど犯人逮捕で戻ってきたものとか、そんなメモリアルが綴られた上で、紹介されたとしたら、面白い本になるのでは? 

う? 待てよ、これって、男性も登場可能かな?  『捨てられないブラパン』 。オカマは別にして(?)、自分が身につけたものなら女性しか登場できないはずだが……。でも、中学生の時、隣家の未亡人の「ブラパン」を盗んで、お世話になった思い出の品だからとか……。兄嫁と出来てしまい、兄の転勤で実家から出ていく時、「これを私だと思って」と手渡された「プラパン」とか……。そういう少年時代のノスタルジックな思い出が詰まった「ブラパン」なら、生涯の宝故に捨てられない…というのは理解できる?(北山悦史氏の『人妻脱ぎたての下着』『兄嫁の香り』二見文庫参照のこと?)。
しかし、「時効」成立だとしても、そういう、いわくつきの「おもいでのブラパン」を提示するのは公序良俗に反して、やはり問題であろうか……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





「エロ本自販機」はまだ稼働中? いまやアマゾンの前に風前の灯火?
(2017・7・24・月曜日)




昨日(日曜日)も朝早くから仕事(書類整理)。
一区切りつけて、先週、仕事で借りた神奈川県立図書館の本を返却しに横浜へ。全文丸ごとコピーをしたので…。お世話になった「知人」に、お礼にと赤福を持っていく。
途中、某古本屋(天保堂苅部書店)に寄ろうとしたら、店内は明かりが点いているのにドアにはカギが。午前11時は過ぎていたが。「日本の古本屋」を見ても、何時開店かは明示もしていなけど…。まぁ、縁がなかったかと。それにしてもこの界隈、歩きタバコする人多し。民度が低い? いや、民度が低い人が、競馬か何かの施設にやってくるからかな?

知人宅で一服し、図書館へ向かう途中にある某書房、古本屋かと思って入ったら、人民書店(共産党系)。あらまぁ? 買いたい本はなしよ。

本を返却して帰宅。
車中、居眠りしつつ、時々読み進め読了したのが、黒沢哲哉氏の『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』 (双葉社)。


内容紹介→昭和の街角にあったエロ本自販機はまだあるのか!?日本全国を駆け回るエロ本自販機探しの旅!
このネット社会で、誰が自販機でエロ本を買い、誰が仕入れ、誰が自販機に品物を入れているのか? 誰も撮影してこなかった忘れ去られたエロ文化遺産をアーカイブ化したキワモノ写真集にして、くだらなすぎて誰も手をつけてこなかったジャンルに堂々切り込む一級ノンフィクション! 「いかにして自販機を探し出すのか」「設置場所に傾向はあるのか」「いつだれがどうやって自販機を設置するのか」。エロ本自販機の謎とその美しき佇まいに迫る、圧倒的ノンフィクション&写真集!

廃墟と化したラブホや廃線跡写真集などと同様の哀感が漂う(?)本。

中田薫氏(構成)&中筋純氏(撮影)の『廃墟本』 (ミリオン出版)、中筋純氏(写真・文)の『流転チェルノブイリ 2007-2014』 (二見書房)、丸田祥三氏の『棄景-廃墟への旅』 (宝島社)、アラン・ファーヘイの『ベルリン廃墟大全 -ナチス、東西分割、冷戦…光と影の街を歩く』 (青土社)、キーロン・コノリー編の『世界の廃墟図鑑』 (原書房)、杉崎行恭氏の『廃線駅舎を歩く あの日見た駅の名は』 (交通新聞社)などが浮かんだ。

ともあれ、未だに「稼働中」のものもあるそうな。この手の分野では大手(?)の「こっそり堂」などの自販機も全国各地で稼働しているそうな。

「エロ本自販機」というと、「ビニ本」などを売っていた自販機というイメージがあるが、それ以前から普及していたそうな。そしていまは、ビニ本というよりアダルトグッズなどの販売が多いようだ。エロビデオの類も。
田舎の国道沿いなどでは見かけるそうだし、都内でもあちこちで稼働中のようだが…。見たことがない。
写真は外観のものが多い。内部のもの、どんなものが売られているか知りたいところだが、そういう写真はあまりないのは残念?

関係者への取材もなされている。
インタビューなど。ガバガバ儲けた時代もあったそうな。そういう人のふところに若干貢献したかもしれない我が身を反省? いやいや、その手の本は、芳賀書店で購入していたか? すべては神保町に通じる?
いま、アマゾンで、その手のモノも買えるのだろうか? 書店ではあまり扱わない、書店で購入しようとすると女性店員の眼が怖い? なんてこともアマゾンならなくていいのかも?(見てみたらヤマほど出品がある。これなら自販機無用?)。

黒沢氏の本は、以前、 『ぼくらの60~70年代宝箱』 (いそっぷ社)を紹介ずみ。著者は僕とほぼ同世代の1957年生まれ。鉄人28号や鉄腕アトム などアニメグッズや銀玉鉄砲やメンコやベーゴマなどのカラー図版などが多数収録されている。目で楽しめる。そのほかにも、 『ぼくらの60~70年代熱中記』 (いそっぷ社)は、60~70年代のグッズや人気タレントやテレビ番組などの「想い出」「熱中記」。さらには、 『よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70~80年代バイブル』 (いそっぷ社)も。コレクションの鬼? エロ本自販機も70年代半ばから80年代半ばごろが全盛だったといえようか?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑







「人妻査定」より「古女房査定」が難しい?
(2017・7・15・土曜日)





成宮和美氏の『社外秘 人妻査定』 (双葉文庫)を読んだ。


内容紹介→モテと出世には無縁の平社員、綱木慎吾はある日、美しき新社長、松永美重子の呼び出しを受ける。「デキる男の陰にデキる妻あり。人事の参考に、社員の妻の"夜の内助の功"を査定してほしいの」――艶っぽい目で命じる美重子は、秘密調査の武器として慎吾に数々の性技を伝授。期待と不安を胸に、慎吾はターゲットへと近づいていく。書き下ろし長編淫密エロス。

サラリーマンを主人公にしたエロス小説が双葉文庫には多い。これは「内容紹介」にある通りの本。「内助の功」がどれほどあるのか、それが夫の仕事にどれだけ励みとなり反映されているのか…といった「真面目な動機」からの女社長直命の「人妻査定」だが、その背後には、実は、女社長と反社長派の陰謀が…といったストーリー展開。

さほどの葛藤はなくとも若干のサスペンスがあり、そこそこ面白く読める娯楽作品でした。我が家なんか、こんな「人妻査定」されたら、大変なことに? まぁ、古本屋や古本市で手にした本が、安いか高いか程度の「古本査定」なら僕も多少はできるかな? 自宅にある古本は古本屋にもっていっても何の価値もないことはいうまでもないが、同様に無価値(?)な古女房を売りにだしても買い手がつくわけもなく…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ