古本虫がさまよう 事故
2017 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month





山岳部出身者は、那須の『遺された親たち』の悲劇をどう見るのか?
(2017・3・29・水曜日)






3月27日の栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生し、登山講習会に参加していた高校生など8人が死亡したとの報道記事(2018・3・28産経朝刊)を読んでいたら、管間記念病院(かんまきねんびょういん)の病院名が目にとまった。

黒磯の知人宅に寄ったりした時、いまはなき白線文庫(古本屋)を近年訪れることが多かった。黒磯駅から歩いて10分程度のところ。そこの交差点を左に曲がると、この病院があった。さらに歩くと、黒磯図書館がありブックオフがある。白線文庫が移転したあとも、ブックオフがあるので、この病院前は何度か行き来した。
3・27は、この病院もいろいろと急患が運ばれたのだろうと新聞を読みながら感慨にふけった次第。

「病院によると、男子生徒はICUに運ばれた。駆け付けた両親らは男子生徒にしがみつき泣き崩れたという。病院スタッフは『言葉にできないくらい沈痛な様子だった」(産経)

年老いた老人が80歳前後で病気などで死んでいくのはまだ仕方なく、90歳前後で老衰ともなれば子供の側からすれば諦めもつくかもしれないが、十代~二十代の少年少女が不慮の事故で無惨にも死亡するのは哀しいものだ。親の側からすれば…。

去年も、軽井沢近くでバス暴走事故で、乗車していた大学生が何人も死ぬ事故があった。その親たちもさぞかし嘆いたことだろう。韓国のあの客船による死亡事故も…。

こうした「事故」。「加害者」が明々白々となるかどうか…。山岳部顧問の教師がスパルタすぎての事故発生なのか?
飲酒運転者による交通事故によって子供を殺されたともなれば、それは松戸のベトナム少女殺害同様、被害者からすれば、怒り心頭に発するだろう。

元朝日記者の佐藤光房氏の『遺された親たち』 (これはシリーズで数冊刊行。あすなろ書房)は、横暴な交通事故加害者によって子供を殺された親御さんたちの嘆きをまとめた名著。

不慮の事故による死亡は永遠にゼロには出来ないとしても、やはり、こういう悲劇は味わいたくないものだ。

山岳部というと、母校にもその名のクラブがあったかと。どちらかというと、体格もよく、「山」に哲学的なモノを感じるような思想性豊かな(?)タイプの高校生が多かった? 山歩きは趣味ではなかったので、そういう人たちへの連帯感はまったく持ちあわせていなかった。まぁ、山登りしながら、タバコをプカプカ吸って、吸殻をポイ捨てするマナーの悪い登山家がいたら、アホやなと思うしかないだろうが(ただ、周辺に人がいなくて、登頂して、無人の空間で携帯灰皿をもって一服するのは悪くないだろう)。

高校時代に山岳部を経て、新聞記者になり、おかしな提灯記事を書いて国の名誉を傷つけた人もいたかな? 彼もこの遭難の悲劇を見て、何かを感じていることだろうか?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑




懲役22年が重い? 「軽過ぎ晋作」では? 3人殺しているんだから死刑にしてもおかしくない せめて本当の意味での無期懲役、終身刑を(2015・12・9・水曜日)





2015・12・6の産経朝刊の長辻象平氏の「交通死は現代社会の人柱か」の記事と、
佐藤光房氏の『遺された親たち』 (これはシリーズで数冊刊行。あすなろ書房)を前ブログで紹介した。

これらを読むと、悪質な交通事故加害者の反省なき実態を垣間見ることができるが、2015年12月8日の日経夕刊社会面に「飲酒ひき逃げ懲役22年」「小樽4人死傷」「高裁、一審を支持」という記事が出ていた。

昨年7月に海水浴帰りの女性4人を脇見運転(スマホ操作)、かつ飲酒運転、かつひき逃げで「殺傷」した男に対する判決の記事だ。あぁ、あの悲惨な交通事故かと思い出す人もいるだろう。この娘さんたちの親にとって、本当に『遺された親たち』だ。

一審が求刑通りの懲役22年としたことに対して、被告が「事故は脇見が原因。危険運転致死傷ではなく、より法定刑が軽い過失運転致死傷を適用すべきだ」と控訴していた。バカな高裁は、せっかくの下級審の裁判員による、まずまずの判決を「相場」より重いとして、少し値引きして軽くしがちだが、偉いね、札幌高裁は。
「控訴を棄却する即日判決を言い渡した」とのこと。

時速50~60キロで車を走行させながら、15~20秒間、下を向いてスマホの画面を見て、アルコールの影響で正常な運転が困難な状態にあったと裁判長は述べて、危険運転致死傷罪を適用した一審判決を妥当と認めたとのこと。
被告は罪が重すぎるとも訴えたが、「被告は被害者4人を救護せずに逃走しており、身勝手で卑劣。厳しい非難は免れない」と指摘し、退けたという。当然だ。机上の空論を弄びがちな裁判官からしても、この男のやったことはあまりにも非常識、身勝手と思えたのだろう。江戸時代なら、市中引き回しの上、遠島(シベリア送り?)だ?

3人も殺した奴なんて死刑になってもおかしくない。「車」が介在されているために「事故」の側面が出てきて、間接的な殺傷となって、交通事故ではなかなか(絶対に?)死刑にはならないだろうが‥‥。懲役22年といわず、こういう悪質なドライバーは、再犯の恐れもある。本当の意味での無期懲役か、終身刑を新設してでも終身刑にでもして、刑務所内で所定の労働をさせ、その収益の一部を死ぬまで(いや、少なくとも服役中は)被害者の遺族に支給させるシステムを構築すべきだろう。

そのあたり、中嶋博行氏の『この国が忘れていた正義』 (文春新書)が詳しい。

「忘れていた」といえば、明日から高円寺で始まる古本市。「日本の古本屋」の「古本まつりに行こう」に、いつものように表示されているけど、何時から何時までやっているかの表示がない(12月9日午前4時過ぎ確認の時点で)。多分午前10時から午後6時までで最終日は午後5時なのだろうが……。

時々、木曜日からやっている時は、午後7時までやったりしている時もあったかと。そのあたり確認できれば帰り道寄れるかもしれないけど、いちいち電話しないと教えてもらえないのだろうか? でも、電話番号は明記されているけど(会期中のみ)となっているから……。会場入り口脇の灰皿の設置は忘れてもいいけど(?)営業時間の明記はなるべくお忘れなく願いたいもの?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑






「韓国セウォル号沈没事件」と「さんふらわあ だいせつ」の違いとは?
日本人と韓国人ここが大違いなのか?
(2015・8・4・火曜日)




昨夜(2015・8・3)のNHKニュースを見ていたら、北海道苫小牧市沖で発生したカーフェリー「さんふらわあ だいせつ」の乗客で、無事避難できた人のことが紹介されていた。記憶違いでなければ、流暢な日本語を喋っている在日韓国人のようであった。

彼は、火災発生を知った時、すぐに韓国の数百人の死傷者を出した「韓国セウォル号沈没事件」のことを想起し、もしかしたら死ぬかもしれないということで、自撮り的に愛する家族へのメッセージなども録画していたようだ。その映像が流れていた。

しかし、韓国のように船長が率先して乗客をおっぽりだして脱出するようなこともなく、船員たちの適宜な指示により無事脱出。逆に船員の一人がなくなった。
その在日韓国人も、今回の事故と先の事故とは異なるものの…というコメントであった(かと記憶している。食事をしながらの、ながら視聴なので)。

この在日の人が、「韓国セウォル号沈没事件」の生き残りだったりしたら、大変な騒ぎになっただろうが……。

ともあれ、こういう事故対応はケースバイケース。日本がいいとか、韓国が悪いとかの問題ではなかろう。
だが、30年ぐらい前に、豊田有恒氏の『日本人と韓国人ここが大違い 誰も書けなかった隣人国の意識と行動』 (ネスコ)という本を読んだことがある。もう中身は覚えていないが、こういう事故を考える上で、参考になる視点があっただろうか?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





アマゾンプライム商法にご注意?
(2015・6・16・火曜日)

この前、カードの請求書をチェックしていたら、アマゾンのプライム会員の年会費が引き落とされていた。おやおや、そんなもの申し込んだ覚えはないぞと思って、すぐにチェック。

まずは解約したものの、プライムの特典を使ったことがあるからということで会費は戻ってこない。消費者センターかなにかに苦情を訴えたほうがいいのかもしれないが、どうやら、知らないうちに以下のようなところをクリックしたために「合法的」に搾取されたようだ。

Amazonプライム 無料体験
Amazonプライム会員はお急ぎ便が無料。 会員登録のお申し込みには "お急ぎ便無料で カートに入れる" にチェックを入れて"カートに入れる"ボタンをクリックしてください。注文手続きの際に Amazonプライム 無料体験 へご登録いただけます。
Amazonプライム 会員特典:
• 「当日お急ぎ便」が無料
• 「お急ぎ便」が無料
• 「お届け日時指定便」が無料
必ずお読みください: 無料体験の開始時、および無料体験期間中に会員登録をキャンセルされた場合は、お客様のクレジットカードに年会費は請求されません。会員登録の継続をご希望の場合、お手続きは不要です。無料体験の終了時に、お客様の会員資格は年会費 3900円(税込)の有料会員へ30日後に自動的に正式登録されます。



「無料体験期間が終了すると、お客様は年間会員(年会費\3,900)に自動的に移行されますのでご注意ください。無料体験期間はアカウントサービスにてご確認ください。年間会員への自動的な移行をご希望にならないお客様は、アカウントサービスにて無料体験終了後に「会員登録しない」のボタンを押して設定の変更を行ってください。(中略)無料体験後、もしくは次年度の年会費の請求がされた場合でもAmazonプライムの特典を一度も使用していない場合には、年会費を返金いたします。」との表示もあったかと。

今どき「会員登録の継続をご希望の場合、お手続きは不要です。無料体験の終了時に、お客様の会員資格は年会費 3900円(税込)の有料会員へ30日後に自動的に正式登録されます」というやり方はあまりスマートとはいえまい。

「お手続きは不要です」なんて、サービスみたいに言っているが、冗談ではない。必ず本人の意志を最終確認する術を持つべきだろう。
これって、例えば、雑誌を年間購読していて、まもなく期限切れになるときに、「購読登録の継続をご希望の場合、お手続きは不要です」なんてやっている雑誌社は今どきどれだけあるのだろう。
原則、一年なら一年、購読をして、さらに継続を希望する時は、改めて文書なりで確認するのが健全な商法といえよう。本人が途中で死んだりした時、いちいち、こちらから中止と言わないと継続されては困る。
原則、本人からの意志表示がない場合は、購読契約は終了するというふうにしてほしいもの。「面倒なお手続きは不要です」どころか、人に金をとられるのなら、「面倒なお手続きを経た上でやってもらいたい」ものだ。それが消費者の普通の感覚だろう。


その意味で、アマゾンのこの商法、疑問ありだね。クリックしたのやら記憶にないが。本や雑貨をたまにしか購入しないが、即日や翌日でなくてもあわてないから、そんなプライム会員になる必要はまったくなかった。
ただ、なぜか、すぐに無料で配達できるようになったなと不思議に思っていたが。

年会費を取られたので、まぁ、あと数カ月、その資格があるようだが、せいぜい、注文しようか? いやいや、それがいけない。搾取された3000円ちょっとのお金はもう取り戻せない。泣き寝入りである?
アマゾンって、消費者思いではないようだから、要注意? 

横田増生氏の『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』  (朝日文庫) は積んどくしていたか? 読んだほうがいいのかも。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

帰還兵はなぜ自殺し、無謀な運転者に殺される被害者はなくならないのか?
(2015・6・9・火曜日)



デイヴィッド・フィンケルの『帰還兵はなぜ自殺するのか』 (亜紀書房)という本が今年の2月に訳出されている。積んどくしていたので、読もうとしているところ。
訳者によると、原題は「祖国へのご奉仕に感謝する」とのこと。イラク戦争アフガン戦争で、アメリカ人兵士は200万人が派遣され、そのうち50万人が心的外傷後ストレス障害と外傷性脳損傷に苦しみ、毎年240人以上の帰還兵が自殺を遂げているという。

自衛隊もイラク支援のため万単位の隊員が派遣されており、帰還した者で自殺するものがいるとのこと。


自衛官の自殺、日本人成人平均より高水準/海外派遣時期に上昇傾向/政府答弁書「因果関係特定は困難」
カナロコ by 神奈川新聞 6月6日(土)7時0分配信

 2004年度から14年度までの自衛官の自殺死亡率が、日本人成人の平均よりも高水準で推移していたことが、政府が5日に閣議決定した答弁書で分かった。アフガン戦争とイラク戦争に関連し、特別措置法に基づいて自衛官が海外派遣されていた時期の自殺率が高い傾向がみられる。

 答弁書では、自殺にはさまざまな要因が複合するとして「海外派遣との因果関係を特定するのは困難な場合が多い」としながらも、防止対策を進める姿勢を示した。

 民主党の阿部知子衆院議員(比例南関東)の質問主意書への答弁。

 答弁書が示した自衛官の自殺死亡率(10万人単位)は04年度に39・3人、05年度と06年度は38・6人だった。04年度~14年度では、同時期の日本人成人の平均値を、9~3ポイント程度上回っている。

 04~06年度には、3自衛隊と事務官を合わせた自殺者数の合計が、いずれも100人を超えた。ただ、これ以後は減少傾向で、14年度は69人となっている。



身近な人で自殺した人は、一人だけいる(自宅で首吊りだったとか)。もう30年以上前のことだが。こればっかりは人それぞれというしかない。「ネバーセイネバー」でも「明日は我が身」でも形容しがたいが、万が一自殺する時でも、線路に飛び込みとか、ガス自殺とか、他人に迷惑をかけるのではなく、自宅での首吊り程度にしておきたいもの?

一方、自殺ではなく車によって殺害される人も減らない。

北海道の砂川での交通事故死事件(乗車していた5人のうち4人が死亡)に関して、報道を見る限り、生き残っている輩は、許せない「加害者」のようだ。飲酒運転はしていなかったか?
報道の推測通りとすれば、一人を「ひき逃げ(引きずり) 」的に殺した奴は「死刑」にしてもいいのではないか。

こいつらは、「死刑」にできないなら、無期懲役、それも無理なら、とにもかくにも一生、免許を与えず、佐藤光房氏の『遺された親たち』 (あすなろ書房)のシリーズ本を刑務所で何度も読ませ感想文を提出させるべきだろう。

ここに紹介されている「遺族」たちは、子供を無謀な運転者によって殺された親たちである。愛する子供を失った苦悩が綴られている。しかし、砂川の場合、次女一人のみが重体とのこと。両親や長男長女は死亡している。「遺された子供たち」になるのだろうか。なんという残虐なことだろう。
こんな事態を生み出した輩は本当に許せない犯罪者だ。

ともあれ、ネバーセイネバー。

 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ