古本虫がさまよう 古本屋
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month







「自分の吐き出した煙」を他人に吸わせるのが『喫煙ファッショ』なら、自分たちの垂れ流す騒音を他人に聞かせるのも『騒音ファッショ』かな? 静かな環境で本を物色し、臭くない環境で外食する権利も侵害されることに、「人権弁護士」はもっと関心をもってほしい?(2017・6・4・日曜日)





昨日(土曜日)は東京周辺はまずまずの快晴。まだ「猛暑」という感じではないので、古本屋行脚にもまずまず。しかし、初めて野球帽をかぶって出かける。
午前中は仕事場によって雑用を片づける。ついでに全国紙の社説をチェック。トランプ政権のパリ協定脱退をみんなが批判しているようだ。個性がない? 朝日新聞に、アメリカンエンタープライズの研究員が登場し、トランプの決断を評価していた。やってもあまり意味のない温暖化防止策に使うお金をもっと貧困層のために使う手もありそうだが…? 唯一の正論?

午後、高円寺古書会館へ。最寄りのJR東日本の駅。目的地まで行く電車が出たあとで、しばし待つことに。還暦も近いので(?)待ち椅子に座るものの、エスカレーターのすぐそば。そしたら、まぁ、中断することなくエンドレスでつまらないというか、煩い注意アナウンスが流れるのには閉口した。

本日もJRをご利用いただきありがとうございます。
ベルトにつかまりましょう。
大変危険です。歩行は思わぬ事故の原因になります。
危険防止のために緊急停止することがあります……

その合間に一番線に電車がきます、二番線に電車がきます、今度の電車は○○行きで、何時何分です…と。ステレオ状態にもなる


いやはや、ブックオフ、パチンコ屋並み(パチンコ屋は最近でかけないが)。

次やってくる電車の案内は、しばし「無音」の時もあるが、エレベーター脇の「注意アナウンス」は一秒たりとも「中断」がない。このアナウンスぐらいは、一通りやったら、20秒~30秒ぐらいは「沈黙」してもいいのでは? 今度窓口に提案してみようか。目の不自由な人相手のアナウンスなのか? それにしても煩い。騒音撒き散らしに無頓着なJR東日本は本当にバカだ。読書の敵だ!

あんまり面白くない(?)三谷太一郎氏の『日本の近代とは何であったか 問題史的考察』 (岩波新書)を読んでいたので、尚更「静かな環境」を希望していたということもあるが?

ともあれ、高円寺古書会館。ここも「騒音」。木曜日からスタートしている古本市の時は、主催者の資質なのかもしれないが、ラジオをよく点けていることが多い。
昨日も、会場内で、ラジオの騒音が流れっぱなし。こちらは古本を物色して、面白いかな?とパラパラとめくって判断するのだが、そういう時に、ラジオの騒音や演歌などが流れていると、思考が中断してしまう…。古本市の会場内は、少なくとも「歌詞」ある音楽や話し言葉の「機械的騒音」(人間の意思の力でゼロにできるもの)はナシにしてほしいのだが。普通の肉声の会話はそんなには気にならないが…。

ともあれ、戸田優子氏の『ショートパンツと黒紋付きと』 (勁草出版サービスセンター)、枝川公一氏の『日本マティーニ伝説』 (小学館文庫)、和田秀樹氏の『いじめは「犯罪」である。』 (潮出版社)、清水信氏の『作家と女性たち』 (現文社)、 『高橋 一著作集 12 回想と評論』 (あゆみ出版)、西尾末廣氏の『大衆と共に 私の半生の記録』 (日本労働協会)、土方成美氏の『学界春秋記 マルクシズムとの抗争三十年』 (中央経済社)、 『平凡パンチ』 (1974年12月9日号)などを購入。持っている本もあるような……。

そのあと、神田の古書会館へ。こちらは静か。だが、ここも主催者によっては、入口脇にラジカセなんか置いて、余計な音楽を流すこともあるから要注意? この季節、エアコンを点けるのはサービスだが、音楽を流すのは余計なサービスでしかない。こういう細かい配慮ができる古本市と、できない古本市とがあるのは…。

川崎風吉氏の『秋色古鼠古鼠亭』 (昭和出版)を購入。

古書会館で知人と待ち合わせ。そのまま、早めの晩飯…ということで古本屋街のほうへ。三省堂地下のレストランの黒サンドを久しぶりに食べようかという話になったが、あそこはたしか喫煙可能店。やっとランチタイムなど午後三時ごろまで「禁煙」になっていたかと記憶しているが…。

まぁ、ダメモトで地下に降りていったら、喫茶だけの利用はお断り…といった居丈高の御触書が目に止まった。あぁ、こういう店は…。一応、中に入って、「ここは禁煙?」と聴いたら、嬉しそうに(?)「いえ、吸えます」というので、 「(アホクサ!)サイナラ!!!!」と。地下で窓もなかろうに、そんなところで喫煙可能なレストランなんて、野暮臭くて入れるわけがない!

そういえば、五輪向けての文明開化的な法案が結局、先送りになってしまったそうな? どうしようもない。

2017・5・28付け毎日新聞で、日本総合研究所主任研究員の藻谷浩介氏が「時代の風」というコラムで、「吸わない権利が優先」として、「他人の吐いた煙を吸わない権利」を侵害することはいけないと指摘しているのはごもっとも。大人がタバコを吸う権利は当然あるが、それと同時に「他人の吐いた煙を吸わない権利」もあり、後者の権利は、前者の権利より優先する…。

だから飲食店内禁煙になると。それを「禁煙ファッショ」だという人がいるが、藻谷さんは「自分の吐き出した煙を他人に吸わせることこそ『喫煙ファッショ』だ。飲食店が全面禁煙に反対するというのもおかしい。全店一斉に実施すれば客が減る理由はない。この事実は世界中で証明されている」と。

そうなると、自分たちの垂れ流す騒音を他人に聞かせるのも『騒音ファッショ』かな?

静かな環境で本を物色したり読んだり、臭くない環境で外食する権利も侵害されることに、「人権弁護士」はもっと関心をもってほしい?

ともあれ、相変わらず時代遅れのレストランだな、さてどうしようかと思ってブラブラしていたら「いきなりステーキ」が。知人が、ここのカードを持っているからここにしようと。
うーむ? 立ち食いステーキ店? いやいや、座席もあるからと。午後4時ごろだったから店内も空いていた。知人は高めのヒレステーキ300グラム。こちらは安いワイルドステーキ300グラム。知人はライスも。こちらはライスなし。お互い、飲み物は「水」だけ。

本当はいもやの天丼かとんかつ定食か、やよい軒のしょうが焼き定食にしたかったのだが…。こちらなら1000円でお釣りがくる。ここだと一番安いワイルドステーキでも1500円ぐらい。さらにビールなどを飲むと2000円…。だから肉だけで節約?

まぁまぁのお味。お値段はワイルドステーキなら、そしてランチタイム利用なら、同じ値段でライス、サラダ、スープもつくようだから、税込みで1500円ぐらい…?
二人で5000円弱。 まぁ、イスがあるといってもカウンター。ゆっくり食事をするって雰囲気ではない。一応店内禁煙のようだから、まぁ、三省堂地下のレストランよりはマシか…。
三省堂地下の店も禁煙にしていたら、ビールと黒サンドに…で5000円ぐらいは落ちただろうに、禁煙じゃないから、「いきなりステーキ」のほうに、我が家のハードカレンシーは落ちた次第。健康増進法を無視する店には、お金は一円たりとも落としたくないから。
そのあと、ブラブラするものの買いたいものはなく、すみやかに帰宅。
三谷さんの本は読了。読後感はまたのちほど。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





曽野綾子さんは「インコ」が好きで、ハーマン・ ローチャーの『おもいでの夏』 的な作品を書いていた?
(2017・5・30・火曜日)




高橋輝次氏の『編集者の生きた空間 東京・神戸の文芸史探検』 (論創社)を読んだ。


古本との出逢いで紡ぐ編集者像とは──。第三次「三田文学」、河出書房、中央公論社、そして関西のエディション・カイエ、「航海表」などに関わった編集者の喜怒哀楽の数々を、古本との奇妙な出逢いを通して語る!


古本に関する古本(屋)エッセイ本を沢山だしている、この人の本は好きで、今までも本欄で、 『ぼくの創元社覚え書』 (龜鳴屋)、 『ぼくの古本探検記』 (大散歩通信社)、燃焼社刊行の『古本屋の本棚 店主たちのこだわり』『古本屋の来客簿 店主たちの人間観察』などを紹介してきた。

今回の本もその流れの本。
先の林望さんの本(『役に立たない読書』)で、林さんが指摘もされていたように、高橋氏のこういう本を読むと、紹介されている本で、読んでみたいなと思う本も多々出てくる。
枝葉のように、読書の幅が広がる一冊でもある。
関西在住なので、主に関西の古本屋のことも出てくる。
読みながら、ここ数年、関西の古本屋もごぶさただなと痛感。三宮界隈の古本屋にも足を運びたいもの。年に一回や二回ぐらいなら、新幹線で出かけて一泊して新幹線で帰宅するぐらいの「経済力」はあるのだが…。

昭和20年代後半の話として、曽野綾子さんが三田文学で「鸚哥(インコ)とクリスマス」という作品を掲載したことがあるそうな。そのほかにも作品を依頼すると、締切り日をきちんと守って届けられた作品があって、それには「遠来の客たち」と「一九四七年夏」との二つのタイトルが記されていたとのこと。山川方夫が「遠来の客たち」のほうがいいということで、そっちを選ぶと曽野綾子さんは「しばらく首をかしげ惜しそうな表情をうかべてから」「ふいと決然とペンを握り、手に力をこめ、『一九四七年夏』の文字の上に太く線を引いた」と、山川氏のエッセイ本から引用紹介している。

おお、ハーマン・ ローチャーの『おもいでの夏』 (角川文庫)は、原題が『一九四二年(の)夏』だが、そのわずか五年後の『一九四七年夏』なる作品名になりうる予定だったものが曽野さんにはあったのか?
『遠来の客たち』は、たしか芥川賞候補にもなった作品では。

『遠来の客たち』 (ノン・ポシェット 文庫)には、この作品はむろんのこと、『鸚哥とクリスマス』も収録されているそうな。読んでみたくなった。曽野さんも、もしかしたら鸚哥(インコ)好き?
といった風に…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





寺尾五郎サンの本は「せどり」対象となりうるが、あいにくと「バーコード」のない本だから、新進気鋭(?)のバーコード読取機を使っての「せどり」屋さんは対応不可能?
(2017・5・28・日曜日)





昨日(土曜日)は高円寺古書会館を出た時、ふと、この駅からバスに乗って西武池袋線の某駅に出て、所沢に向かい彩の国の古本市を覗こうかと思ったが、あぁ、あそこは消費税二重取り疑惑の古本市だし、周辺古本屋マップを作成もしていないようだし(未確認)、わざわざ出かけるのも面倒だなと思って断念。最近は足が向かわない。神田古書会館へ行った。そういえば、昨日(土曜日)、静岡の古本屋「水曜文庫」周辺では「第三回しずおか一箱古本市」をやっていたようだ。青春18切符がまだ使えないから行くことはできなかったが…。こちらは残念。

ともあれ、高円寺古書会館では、バーコード読取機らしきものを使って、一冊一冊お値段をチェックしていた人がいた。一カ所に固まって、しゃがんだりしてそんなことをしていると、周辺には迷惑行為となりかねない(その周辺の古本を手にしてチェックできないから)。高田馬場ブックオフでは、そういう迷惑行為はしないようにとの御触書もあった。高田ブックオフはまだ広いが、高円寺古書会館は狭いから…。
そういえば、敷地内の灰皿設置場所やすぐ向かいの駐車場でタバコを吸っている人が何人もいて不快。くさいタバコの臭いが会場にも漂ってくるし。公道を歩く人にも不快感を与えているのでは? 称賛するわけではまったくないが、敷地内はまだ灰皿があるけど、駐車場周辺のタバコ喫煙者たちの中にはポイ捨てする人もいたようだし。駐車場経営者にとっても迷惑? やれやれ。

ともあれ、寺尾五郎サンの『朝鮮 その北と南』なんかは、「せどり」の対象作品となろうが、あいにくとバーコードがないので、反応はしないだろうなぁ。ここは「カン」が必要になってくる? アナログ世代の「せどり」もまだ活躍の余地あり。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑







560頁もあって本体価格4200円もする本(『神田神保町書肆街考』)が増刷(三刷り)になるとは結構なこと。分厚すぎてまだ読了できないけど、その中の「古書の街に救われた命」には涙が出た…。
(2017・5・14・日曜日)





今日(日曜日)は、朝から家で「仕事」。妻は「週末ギャンプル」でいないのではかどる? いろいろと読みたい本はあるのだが…。といっても、松木たかし氏の『風俗の本 捜査官が覗いた日本の風俗70年』 (幻冬舎ルネッサンス)は昨夜読了。いやはや、傑作。この読後感は後日、本欄でと思いつつ、この関連書として、川北義則氏の『60歳からの欲情 定年後、男はどう遊べばいいか』 (角川書店—正式には「角川(カドカワ)」をカタカナ表記するようだが、面倒くさいので昔ながらの社名にて明記)も挙げるべきだと思い、積んどくしていたのを取り出してパラパラと。

しかし、仕事の「書類」が…。とりあえずは一休みということで、これまた、積んどくというか、拾い読みしている鹿島茂氏の『神田神保町書肆街考 世界遺産的”本の街”の誕生から現在まで』 (筑摩書房)を手にする。後半は「戦後」「現代」に近いところを扱っているので、後ろから読んだりしているが。すると、鹿島氏のツイッターで、この本が三刷りになったとのことをついさっき知った。分厚い、お高い本だから(560頁ぐらいあって、本体価格4200円)、大部数増刷というわけではなくとも立派な数字。

ともあれ、戦時中の古本のエピソードを扱った箇所「古書の街に救われた命」を拾い読み。ううむ、ジーンときてしまった。涙が出てくるね。吉祥寺の藤井書店は、40年前の大学一年の時からよく通っていたが、そのころ、店にいた店主には、そういう「歴史」があったのかと。一歩違えば、この古本屋は吉祥寺に存在しなかったのだと…。

通勤電車の「駅名」ぐらいなら、まぁ、始発から終点までというか、自分の乗る駅から仕事場のある駅まで言い通すことができようが、神田古本屋街の「古本屋」を端から端まではとても言い通せない。それがいえるほど通っていた古本屋好きの軍人と藤井氏が遭遇。そして…といった実話だ。

なにせ、近年は軒先と古書会館の古本市を覗く程度。店の名前が「何店」であるかなんてほとんど意識したことがない。知っていたのは最近「閉店」してしまった某未亡人経営の某古本屋の篠村書店ぐらいか? あと「軍学堂」とか…。

ともあれ、その藤井さんの「戦場」でというか、某特攻隊員との古本屋をめぐる遭遇は、鹿島さんによると藤井氏の『私の古本人生』 (日本古書通信社)に収録されているとのこと。調べると、この本でなくても、紀田順一郎氏編の『日本の名随筆 別巻72 古書2』 (作品社)でも読めるようだ。その中に「古書の町に救われた命 / 藤井/正」というのがあるから。この本は、古本がらみのエッセイが多々掲載されていたかと。昔読んだ覚えがあるが……。

こういう感涙もののエッセイは国語教科書に収録すべき物語と思った次第。平和な世はありがたいもの(ただし、それと9条絶対死守論とは別のお話。北朝鮮が相変わらず、昔の日本の軍国主義者も顔負けの「蛮行」を繰り返しているのに、自衛隊違憲論をしゃしゃあと述べる憲法学者が多数でいる現状を「改良」するためにも9条の改正は必要ではないか)。

あのミサイルが飛び交う(一方的にだが)光景は、それこそオーウェルの『1984』的状況だが、進歩的文化人たちは,こういう時に、オーウェルの『1984』を出すのはまずいと思っているようで監視カメラやトランプの暴言は『1984』的だと称しつつ、北朝鮮の社会体制やミサイル連発の事態に対しては、比喩的に使おうとしない。奇怪しい? 可笑しい?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑



5連休最後の古本屋行脚の「締め」はブックオフにて、林望、二宮力、鷹山倫太郎の力作を購入……
(2017・5・7・日曜日)





5連休もあっという間に最終日。本日(2017・5・7)は東京周辺は「くもり」がちだが、連休中はおおむね好天。古本屋(古本市)行脚には最適な日よりだった。八王子の古本市や高円寺、神田古書会館の古本市など、まずまずの収穫。

本日は家人たちは「週末ギャンブル」やサッカー観戦に出かけ不在。ふふふ、こういう時は、秘匿して溜まっている(?)ビデオなどを鑑賞すべきだが…。

近所のブックオフへ。2割引きも本日までだから。

2017年2月刊行(奥付上)の鷹山倫太郎氏の『てほどき未亡人兄嫁[独り身]』 (フランス書院文庫)、2017年3月刊行の二宮誠氏の『「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか』 (講談社+α文庫)、2010年5月刊行の林望氏の『古典文学の秘密』 (光文社文庫)を購入。

この三冊を定価で買うと、2180円ぐらい。ブックオフの「定価」だと、1180円。半額よりちょっと高い54%のお値段。その二割引きだと三冊で944円ぐらいになる。ポイントカードがあったので、それでチャラで、「タダ」で「購入」という形になった。

林氏の元本(扶桑社)の書名は『本当はとてもえっちな古典文学』だったようだ。「古文」は苦手科目だったが、 『古事記』などもそういうえっちな内容だということを授業で教えてくれたら、少しは関心を抱いただろうが……。林氏の本の「序説」は「日本人が最初に読んだポルノ」と題している。ううむ…。

二宮さんの本は、労働組合問題。同盟系のゼンセン出身のようなので、自治労や日教組などと違って、民主的労働運動の流れだから、マトモだと思って購入。こんな本が3月に文庫で出ていたことも、元版の存在も知らなかった。
これら二冊は、区立図書館などにもある。買わずとも借りて読むことも可能。

しかし、鷹山氏の作品は区立図書館には置いてない(国会図書館にはあるようだから、暇な人は、国会図書館まで行けば、タダで館内で一読はできようか?)。

(内容紹介)→……とうとう義姉さんが裸になって、僕の目の前に)予想以上に豊満な美乳、肉感に満ちみちた腰まわり。汗ばんだ太ももの狭間には夢にまで見た鮮紅色の秘唇が……真夜中の寝室で施してくれた甘い手しごきと濃厚フェラ。結婚指輪をはずし、憧れの兄嫁がついに一匹の牝に!
僕を大人にしてくれる最高のてほどき体験、開幕!


まぁ、「義姉(兄嫁)」とと血のつながりはなく、しかも「兄」は亡くなっているようだから、法的にも道徳的にも問題がない関係(姦計)であろうが……。
さて、仕事の書類も読まなくては…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ