古本虫がさまよう 農業
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month







農協に負けてたまるか!? コメ20キロ6000円以下で買った!
やっぱり、農協崩壊、農業の自由化は、自由民権の地「土佐」からやね。たっすいがはいかんぜよ? 「自由は土佐の畑より」

(2017・4・3・月曜日)






この前、米びつが空になる寸前、10キロ税込み2800円(五キロ換算だと1400円)のコメを片道自転車で20分ぐらいかかるスーパーで妻が購入。しかし、それ以降、どのスーパーの特売を見ても、5キロの米は1500円(税込み)以上している。安くても1600円ぐらい。我が家の家訓で「コメは5キロで税込み1500円以上のものは買うな、食うな、貰え」となっている。近年、3・11以降も、おおむねそれぐらいで買えていたのに、ここ半年近く、そんな安いコメが見当たらなくなってきている。農協の陰謀に違いない? (推測)。

ともあれ、この週末、ついに近くのスーパーで5キロ税込み1502円のコメが売られることになった。お一人さま一個限りという限定条件付き。土曜と日曜の特売。土曜は、前述のように朝早く小田原に出かけた。当然、夕方には売り切れていただろう。日曜も販売するというし、日曜はポイント倍増ディ。土曜に買うより日曜のほうがお得。そのポイントを考えると、1502円は正味1470円に相当する。つまり、家訓に反しない範囲で買えるコメということになる(若干、9条ではないが拡張解釈?)。

ということで、週末ギャンブルに出かける妻ともども午前9時開店に駆け付け、まずは二人で二袋(10キロ)をゲット。そのあとも、図書館に出かけついでに寄ったりして、さらに二袋(10キロ)をゲット。計20キロの備蓄米を手にすることができた。このまえのコメがまだ5キロはあるから、総計25キロの安いコメを備蓄。当面、高いコメを買わなくてすむ。やれやれ、一安心?

それはさておき、最近は日本酒を飲まなくなって久しい。単に農協が国労・動労・銀行・生保同様に大嫌いで、コメの消費を増やさないために…との思いからである。米焼酎も飲まない。飲むのはビール(発泡酒)がメイン。そのほか、ウィキスーはスコッチ、ワインはスペインが原則。アマゾンでカルフォルニア米が5キロ1500円(税込・送料こみ)以下で自由に買えるようになる日まで、日本酒は(自宅では?)「禁酒」にしている。

その思いをますます強めなくてはと思う記事が朝日新聞朝刊(2017・3・30)に出ていた(以下引用は電子版より)。


農家のナス出荷制限、農協に初の排除措置命令へ 公取委
矢島大輔2017年3月26日05時29分
 ナスの特産地で知られる高知県の「土佐あき農業協同組合(JA土佐あき)」に対し、公正取引委員会は、独占禁止法違反(不公正な取引方法)で再発防止を求める排除措置命令を近く出す方針を固めた。ナスを同農協以外に出荷しないよう組合員の農家の取引を制限したと認定する見通しだ。市場への出荷ルートをめぐって農協に同命令が出るのは初めてとなる。
 高知県内のナスの集出荷場は「支部」と呼ばれる農家たちの生産組織が運営している。関係者によると、同農協管内の複数の支部が2012~16年、農協ルートでの出荷に応じない農家を除名し、袋や箱詰めをする集出荷場を使わせなかった。一部の支部では、農協以外のルートでの売り上げに3・5%にあたる手数料を求めたり、畑の広さごとに農協への出荷量を設定して下回ると罰金を科したりしていたという。
 公取委は昨年5月、農家の自由な取引を妨げたとして、排除措置命令を出す方針を同農協に通知した。しかし、農協は「支部は農協から独立した組織。農家同士の規約に従ったもので、農協は関与していない」などと反論。公取委は昨年10月、通知後としては異例の立ち入り検査をするなど、審査をやり直していた。
 公取委は、集出荷場は同農協の所有で農協職員が場長を務め、手数料の一部を農協が得ている点などから、「支部と農協は実質的に一体で共同販売をしている」と判断。出荷量全体の農協のシェアが減少傾向にあり、5割を切ると国などからの補助金が打ち切られる懸念があることが不当な制限の背景にあった、とみている。
 JA土佐あきの代理人弁護士は取材に対し、「正式な処分が出るまでコメントできない」としている。(矢島大輔)


時事電は以下の通り。

ナス出荷制限は独禁法違反=高知の農協に排除命令-公取委
 ナスの出荷量が全国1位の高知県で、組合員の農家が他の業者に出荷しないよう制限したとして、公正取引委員会は29日、独禁法違反(不公正な取引方法)で、土佐あき農業協同組合(同県安芸市)に、再発防止を求める排除措置命令を出した。
 公取委によると、土佐あき農協にはナスを選別し、出荷する集出荷場ごとに11の支部があったが、2012年4月以降、九つの支部が農協以外に出荷した農家を除名すると支部の規約に定めていた。実際に四つの農家を除名し、集出荷場を使わせなかった。
 四つの支部が、農協を通じずに出荷した場合にも「系統外出荷手数料」などを課し、2年間に約2265万円を徴収。農協への出荷が一定量に満たない農家から、罰金を取った支部もあった。
 同農協と支部は別個の組織と認定したが、▽農協が集出荷場を所有し場長を派遣している▽手数料や罰金は農協の会計に組み込まれている-と指摘。農協が実質的に、独禁法が禁じる「拘束条件付き取引」を行ったと判断した。
 土佐あき農協は、支部が集出荷場を運営しており、農家の出荷の自由を制限したこともないなどと反論。「今後の対応は命令書の内容を慎重に検討し、決定する」とコメントした。(2017/03/29-18:19)


農協より手数料が安く、支払いも速い出荷先を利用するといろいろと嫌がらせを受け、「精根込めてつくったナスの出荷先を選べないなんて、こんなアホらしいことはあらへん」と。別のナス農家は、手数料や罰金を取られて、不満を言うと、「そんなことを言うがは、おまいだけじゃ」と言われたとのこと。


いやはや、この「土佐あき農業協同組合」の独裁・独善主義的体質は、国労動労もびっくりではないか? 公序良俗に反するルールで、除名だのなんだの。どっかの独裁左翼政党を想起もさせる。こういう組織は、やはり解体させるか、対抗する組織、昔でいえば、新農協(鉄労?米労?)を結成し、農協と対決していくしかあるまい。

岡本重明氏の『農協との「30年戦争」』  (文春新書)を再読したいものだが……。ガンバレ、高知県安芸市の心ある農民たちよ! 「自由は土佐の山間より」という言葉があるそうだが、 「自由は土佐の畑より」と言いなおすべきだろう。

土佐のいごっそうが、「どこで売ろうとおらの勝手じゃ」というのは正論。「そんなことを言うがは、おまいだけじゃ」と言い返す全体主義者に負けてたまるかぜよ。

ところで、高知といえば、田村潤氏の『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! 』 (講談社+α新書) が想起させられる。この本は未読(未購入)だが、アサヒドライに負けていた高知でのシェア争いを、高知限定のキリンビール用のキャッチコピー「たっすいがは、いかん!」というのを作って巻き返した体験を綴った内容とのこと。

ネット情報によると、 「たすい」とは、土佐弁で、「弱々しい・張り合いがない・手ごたえがない。」の意味。なので、「たっすいがは、いかん!」は「弱々しく薄いビールは、ダメ!」という感じになるそうな。ううむ。お酒の広告だけでなく、アダルトビデオコーナーでも使えそうな感じ?

先の本では、キリンの瓶ビールの脇に「たっすいがは、いかん」とのコピーが大きく掲載されているようだ。

岸ユキ、いや岸明日香さんなどグラビアアイドルや、アダルト女優などが出演の作品を手にして「男で、たっすいがは、いかん。これ見て元気だしや」とアピールするのも手か。土佐出身のグラビアアイドルやアダルト女優がいれば、それもいいかも? 歴史上の女性として、坂本龍子さんという人がいるようだが…。坂本勃子さんとか、坂本満子さんとかいないのかしら?
広末涼子さんに、「たっすいがは、いかん」…そう言われても…ちょっと……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 農業  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑



五キロ税込み1500円以下の安いコメはどこへ消えた?
(2017・3・18・土曜日)




NHK3・16 朝のニュースで、飼料米(家畜餌) 業務米(外食産業向け)、 家庭米などの中で、業務米の生産が急激に減って、飼料米へのシフトが進んでいることが報じられていた。国は補助金漬けの減反政策を見直し停止したかと思ったら、飼料米の生産に関して、新たに補助金を出していて、それ目当てに、そちらにシフトする農家が増えているとのこと。

ある農家の実例が出ていたが、まぁ、ニコヤカに嬉しそうに語る農民サマ。なんと受け取る補助金が年間600万円とのこと。ふうん。もちろん、売った金額も手元に入るのだろう。その金額は明示されていなかったが、専業農家であれ兼業農家であれ、ウハウハで結構なこと? 
虐げられる農民?  何処にいるのやら?  TPPをやったら、こういう補助金ウハウハ農民が「泣く」のではなく、もう少し「汗流して」頑張るようになるのなら、反対でもなかったのだが……?

業務米の生産が減っていて、そのため、コンビニなどのおにぎりの値段が高くなる可能性があるとのこと。値上げをしないなら、コンビニの可愛い小さなおにぎりをさらに小さくする策動もあるそうな? あんなもの、家庭で握ればまだ安いもの? 我が家の古女房も時々作ってくれるが(具はなし。回りにふりかけをふりかけるだけのシンプル。稀に梅干し一個)、体格に比例して大型おにぎり。コンビニおにぎりの2~3個分はありそうだ。おにぎりさえ「家作」ではなく、「メーカー製造」に頼るような情けないことは少し控えるようにするべきかもしれない。

この前、少し書いたが、最近、五キロで、税込み1500円以下で買えるコメがまったく見当たらなくなった。我が家の米びつもいよいよピンチになった2週間ほど前、某スーパーで10キロ、税込み2800円のセールをやっているのをチラシで発見。週末だったが、週末ギャンブルをキャンセルして我が古女房は自転車に乗って片道20分ほどかけて買いに走った。「あんたの稼ぎが少ないからよ、まったく」とのたまわりながら。

これでなんとか一息ついているが、その後、スーパー各店の特売を見ても、コメ5キロで税込価格1500円以下はまったく見かけない。「つや姫」だのが税抜きで1590円とか出ているが、冗談ではない! この背景には農協の陰謀があるのではないか? (と思っていたら、本日朝刊のチラシに5キロ1500円以下のコメが出ていた。ううむ…。20日(祝日)のみの発売か…)。

コメの消費をむやみに増やさないためにも、日本酒を飲まないようになって久しいが…。コメを食べるのを止めるわけにはいかないから…。といいつつも、週末ギャンブルに走る妻がいるので、週末、コメを炊くのが面倒な時、電子レンジでチンして食べられる「(インスタントパック)米」も若干常備。それに100円~200円前後のインスタントカレーをぶっかけ、100円前後の缶詰を開けて晩飯にすることもある……。昨夜もそうだった……。

結婚して30年余り…。「あんたに強制連行されて、時には慰安婦のような仕事もさせられて…」と嘆く我が妻。「事実は違う! 大学出ての進路についていけないならさらば!と、上野駅ホームで言ったのに、走っておいかけて来て、すがってきたのはお前のほうだ!」と。嘘も何度もいえば、事実を変えられてしまう? 気をつけよう、韓国政府と中共政権と我が古女房?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

 | 農業  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





農協「解体」を前にして農相辞任で、日本は強い農業国家になれるか?(2015・2・24・火曜日)





「昔国労、今農協」かどうかはともかくとして、屋山太郎氏が『コメ自由化革命 これで生き返る日本農業』 (新潮社)などで先駆的に追及していた農業問題、とりわけ農協に対して、やっとメスが安倍内閣によって入れられそうだ(と思っていたら農相にちょっとした金銭的スキャンダルが発生し辞任とは……。農協の陰謀か? ちなみに僕の農協嫌いは、米価協議の時、農協系の動員農家が、値上げ反対の委員に対してコメを投げつけるのを目にした時から。そのころ、白米はお百姓さんが心をこめて作ったもの。一粒残さず食べなさいと躾けられていたが、オヤジもそのシーンを見て、呆れたやつらだなとつぶやいていたものだ。今なら捕鯨反対派が、日本の委員にモノを投げつけるようなものか? 「遵法闘争」に明け暮れた鉄道労働者同様、消費者利用者を無視した「エゴ」の固まり集団は衰弱あるのみ?)。

それはともかくとして、久松達央氏の『小さくて強い農業をつくる』 (晶文社)を読んだ。「就職しないで生きるには」のシリーズの最新刊。

エコに目覚めて一流企業を飛び出した「センスもガッツもない農家」が、悪戦苦闘のすえにつかんだ「小さくて強い農業」。自由に生きていくために必要なのは、経営のロジックとITのノウハウと、何があっても理想をあきらめない心。あたらしい有機農業の旗手として注目を集める、「久松農園」代表の著者が贈る、21世紀型農家の生き方指南。



『キレイゴトぬきの農業論』 (新潮新書)なる本もすでに著している。それは積んどくしているが、晶文社の本、感銘深く一読。

「週刊金曜日」の愛読者で、リベラル左派で社民党の選挙の手伝いもしたりした人で、脱サラ的に有機農業にも手を出していくのだが、観念的にならず、現実的な農家になっていく過程が、立派であった。

「現在の農薬の使用規制は十分に安全サイドに設定されています。農産物の残量農薬が食べる人に悪さをするリスクはほとんどありません。規制がどのくらい厳しいかというと、仮に基準値ギリギリまで農薬が残留している農産物があったとして、それを一生涯に渡って毎日、国民平均の100倍の量を食べ続けても、まだ健康に影響がないというレベルなのです。「『有機だから』安全ということは全くありません。基準を満たしている農産物はすべて、等しく安全なのです。味についても、有機栽培だから必ず美味しいということはありません」

ううむ、これでは「週刊金曜日」の路線とは大きく異なる? まぁ、中国製の農産物はどうなっているかも問題になってくるだろうが……。

世襲制農家の問題点も指摘されている。特に農協批判があるわけではないが、旧来の農家の利益を保持し、新規参入に冷やかであっては、日本の農業の将来は暗いというしかあるまい。

晶文社からは『荒野の古本屋』 (森岡督行氏)や『あしたから出版社』 (島田潤一郎)も出ているが、ノウハウ的にも農業を志す人にとって参考になる事例が多々出てくる。面白く読んだ次第。
かといって、僕が定年後、古本屋になることはあっても、農家になることはあるまい。

ともあれ、ネバーセイネバー。
 | 農業  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑












昔陸軍&総評(国労…)、今農協?




近正宏光氏の『コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!』 (角川SSC新書)を読んだ。

著者は不動産会社社員。社長命令でコメ生産を中心とした食料事業部門を立ち上げることになり、新規就農者ともなり、新潟へ…。

農協を通さないでコメを売りたいと思っても、農協を通さないとコメ作りは難しい、と言われてしまう。農地法やら農業委員会といった既得権益擁護の「構造」もあるようだ。兼業農家の(週末農家?)の向上心のなさも批判的に捉えている。TPPにも前向きの姿勢

一読して、昔国労動労、今農協?といった感じも持った。岡本重明氏の『農協との「30年戦争」』 (文春新書)もいい本だったが、やはり農協がガンなのでは?

国労動労に対して鉄労といった、政治ストなどはしないまともな組合が出てきて、経営陣や政治も変わり民営化され、旧国鉄もサービス向上もされ今日に至っているが(いやいやJR東日本やJR北海道に関しては、まだまだ?)、農業改革も、まずは農協を是正しないと…。まぁ、農協の言い分も少し読まなくてはいけないが…。

2013・9・17日経一面トップ「農業法人への出資緩和」「戦略特区企業参入促す」という記事が出ていた。
「期限付きの農地の貸し借り」「農業生産法人を通じた間接的な農地所有」をいままで認めてきたが、さらに貸借を促進するような制度を設けるとのこと。さらに「法人の役員の過半数が年150日以上農業に従事しなければならないといった規制も見直す方向だ」とのこと。

自民党政権は、国労動労相手にはなんとか闘ったが、農協相手にどこまで闘えるのか?
TPPに関しては、いろいろと議論があり、僕も十分に咀嚼していないのでなんともいえないが…。農協があれだけ反対しているんだから、推進したほうがいいのやら?
 | 農業  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑









タイと鹿児島の田舎は似ている?





森本薫子氏の『タイの田舎で嫁になる 野性的農村生活』 (めこん)を読んだ。これはなかなか面白い。著者は1971年生まれの女性。JVCの「タイの農村で学ぶインターンシップ」で、タイにしばし在住。そこで知り合ったタイ人と結婚し、その地元(タイでも田舎)で向こうの親や親族と一緒に暮らしている。すでに子供も二人できている。
不潔で死ぬ人はいないとのモットー(?)でないと、タイの田舎で暮らすのは大変だという。牛生肉を食べては、時々、回虫がお尻からて出てきたりもするそうな? アポなしで近所めぐりをしたり、約束の時間は守られなかったり、政治デモの動員の背景に、時給バイトがあったり? さまざまなタイの事情が描かれている。

この「不潔」(?)な光景は、日本でもまだ「田舎」には残っているともいえようか? そうそう、この前紹介したアメリカ人が日本人女性と結婚し、その田舎で暮らしている日常生活を描いた作品、ジェフリー・アイリッシュの『幸せに暮らす集落 鹿児島県土喰集落の人々と共に』 (南方新社)と酷似しているではないか。

アイリッシュは、1960年生まれのアメリカ人で、日本人女性と結婚し鹿児島に住んでいる。そのミニ集落の小組合長などを体験し、各家に交通安全のビラを配布したり、朝の村内放送で連絡事項(「今日の午後四時頃、資源ごみのカゴが来るので公民館に集まってください」など)を呼び掛けたりもしている。日本語も流暢のようであるが(翻訳などで生計をたてているそうな)、結婚する時、彼女の両親に会いに行き、定年退職して別な仕事に就いていたというので、「今の仕事は天下りですか」と聞いたりしたそうな。
老人ばかりがいる集落で、いろんな催しを開催したりして、「皆で楽しく過ごす一年」を小組合長としてやってきたという。
そういう模様が写真と共に紹介されている。

そうした鹿児島の田舎ライフとタイの田舎ライフを、異国人が体験して多少戸惑いつつも適応しているあたりが似ているといえば似ているといえそうだ。

逆に、田舎生まれ育ちのタイ人女性が日本人と結婚して『日本の都会(東京)で嫁になる』なんてことがあれば、それはそれでカルチャーショックを味わうことになるだろう。
どちらにせよ、 「住めば都(はるみ)」(デーブ・スペクター)であろうから、なんとかなるだろう。
しかし、先の本を読んだ限りでは、タイの田舎に住みたいとは個人的には思わない。ヤモリはまだしもゴキブリやヘビは嫌いだし……。

 | 農業  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ