古本虫がさまよう 読書
2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month





大ベストセラー作家・村上春樹を「メッタ斬り」にしたら大変なことになる? 村上春樹よりナサニエル・ウエストが面白いか? 次は、コジンスキーの『異端の鳥』 の復刊か?
(2017・6・7・水曜日)





大森望氏&豊﨑(豊崎)由美氏の『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』 (河出書房新社)を読んだ。

内容紹介→『騎士団長殺し』は、あの章にすべての謎が……? 『1Q84』『女のいない男たち』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』……村上春樹のこの10年の作品を名物コンビがメッタ斬り!

『騎士団長殺し 上下』 (新潮社)は読んでないので、お二人の「メッタ斬り」に関しては、なんともいえないのだが…。「メッタ斬り」といえども『騎士団長殺し』は、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』よりは楽しく読めたとのこと(豊田)。いろんな読み所をおさえつつの批評的対談。いうまでもなく、百パーセント全否定的な「メッタ斬り」ではまったくない。「保守派論客の〇〇氏が朝日をメッタ斬り」なんていうとちょっと…だが、あくまでもシャレとしての「メッタ斬り」。

ただ、この最新作は、旧来の村上作品に較べると、あまり売れていない? いま、ブックオフに行けば山ほどある(ということは売れたということ?)。新刊書店にも山ほどあるのが問題か? 「刷過晋作」「刷過新作」が問題?

上半期のベストセラー争いでも、佐藤愛子さんの本『九十歳。何がめでたい』 (集英社)に負けていた?  あるブックオフでみたところ、村上さんの本は、960円(税込)のお値段だった。どちらも正規価格は1944円(税込)。960円となるとほぼ半額。ブックオフは新刊本だと強気で、最近は半額よりは上の値段を付けている。2000円の本だと、1600円ぐらいの強気価格。だから、1000円弱のお値段はかなり弱気価格だ。新刊本がよく売れてブックオフに売られる冊数が多くてダブついているからなのか、それとも需要がいつもより少なくてお値段を下げてもなかなか売れず、仕方なくついに半額まできたのか…。真相は不明だが?

ともあれ、『1Q84』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は読んでいる。「読後感」はたしか本欄で記したと思うが、記憶にはあまり残っていない。

そもそも、『1Q84』は図書館で借りて読んだか? 一冊は買ったか?  新刊書店でも重版待ちでなかなか出回らない時もあった。図書館は図書館でも、区立図書館などは希望者殺到でとても順番はまわってきそうになかったが、子供の学校(高校)の図書館が穴場で、そこで借りて読んだかと?  『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は知人に只でもらった。村上ファンというほどでは勿論ないので、正規価格で買ってまでは読まない? 節約できるものは節約するのが人間の智恵?

ともあれ、『1Q84』に関して、NHK集金人に対する「皮肉」めいた筆致を、さすがはお二人、ちゃんと俎上にのせて論評している。僕も、このNHK集金人に対する筆致の特異性については本欄で何度か指摘していたが、当のNHKはじめ、一般マスコミは「無視」していたのでは?


『女のいない男たち』(文藝春秋)で、雑誌掲載時には、タバコのポイ捨てをする田舎町(実地名)云々の侮蔑的表現(?)があったことが問題にされ、本にする時は、地名変更(架空名義)になったというエピソードを引きながらの集金人論を展開している。
ふむふむ、なるほどと。

それにしても、『1Q84』が出てすぐあと、深夜発売解禁直後の朝七時からのニュース番組の中で、この本を延々と高く評価し紹介していたNHKは、ある意味においては、本当に「自虐的」だことと感心した。自分の過去の報道・虚報に関しては「自尊」的で、他に対しては「自虐的になれ」と主張するどこかの新聞社よりははるかに立派だが?

でも、社会人一年生や大学一年生になって、新しいアパートなどに入居したばかりの時にやってくるNHKのああいう集金人の対応って、あの村上さんの筆致と「五十歩百歩」のようではあるけど? 誇張はあまりない? どこかでバーかなにかを経営していた時、NHKの集金人がやってきて、ああいう風に支払えと迫られた体験があるからこそ、あそこまで書いたのではないかしら?  その点にはとても共感を覚えた次第。

それはさておき、村上さんの盟友である柴田元幸さんが訳出したナサニエル・ウエストの『いなごの日/クール・ミリオン』 (新潮文庫)を手にした。

懐かしい? ナサニュル・ウェストの『クール・ミリオン』(角川文庫)は一読したことがある。もう20年ぐらい昔(角川文庫は「ナサニュル・ウェスト」のカタカナ名義)。

角川文庫解説の佐藤健一氏によると、ウェストは「共産党のシンパであり、ロシア人が実行したような計画経済をアメリカ社会に適用すれば、不況を処理できるのではないかと、素朴に考えていたとも思われる」とのことだが…。原作は1934年に刊行。角川文庫は昭和48年に出ていた。

1930年代のアメリカが舞台で、田舎に住んでいた十代の少年が、30ドルの金を借りてニューヨークへ。車中でスリにあい、冤罪で刑務所に入り…と。波瀾万丈の浮き沈みの人生が描かれている。面白かったことだけは記憶している。

『いなごの日』も角川文庫で訳出されているが、これも持っている。だが、積んどくだっけ?

ともあれ、新訳として新潮文庫から両作品が訳出されたわけだが、この新潮文庫版では、訳者の柴田さんと村上春樹さんとの対談も収録されている。ドス・パソスなどを引き合いに出しながらのウエスト論などが語り合われている。「いなごの日」「クール・ミリオン」以外にも「ペテン師」「ウェスタンユニオン・ボーイ」なども収録されている。

『孤独な娘』は、ダヴィッド社から丸谷才一訳で訳出されたのを持っていた(そのあと、岩波文庫から刊行。これも持っていたか?)。

『クール・ミリオン』は、角川文庫以降出ていなかった(のでは?)。それ故か、昨日みたアマゾンでも出品はなく、「日本の古本屋」では、この文庫一冊に対して9000円という強気価格で出していた古本屋もあったが、新潮文庫の「復刊」によって、そういう高価格路線も頓挫?

それにしても角川文庫は、かつては(今も?)立派。新潮文庫も、次は、コジンスキーの『異端の鳥』 (これも角川文庫にあり。僕は単行本を所有し一読)かな?

そういえば、今井 夏彦氏の『アメリカ1930年代の光と影―ナサニエル・ウェスト論』 (荒地出版社)も積んどくしていたかと(古本屋、古本市を回ると、こういう本も手に入る)。いつ読むことになるのやら?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑







高校時代に、古本屋で三好達治の『故郷の花』に出会うか、トー・クーンの『女教師』 に遭遇するかで、人生は大きく変わる? やはり、読書は人生にとって「役に立つ」のは間違いなし? 「本と読書」に貴賤なしだから
(2017・5・29・月曜日)







昨日(日曜日)は午後ある会合があり出かけた。冒頭、国歌君が代斉唱…。ううむ、僕は音痴ということもあるが、育った田舎が「狂信的な日教組」の強いところで、小学校中学校高校と、入学式でも卒業式でも一度も「君が代」を習ったことも歌ったこともないのだ。それ故に、実は歌詞も十分に知らない。いまどきのスポーツ選手のように、いまひとつの小さな声での斉唱。偏向教育の犠牲者。まぁ、歴代天皇の名前を初代からずっと言えるほうが、国歌を歌えないよりはマシ? どっちも異常?

車中、林望氏の『役に立たない読書』 (集英社インターナショナル新書)を読了。

内容紹介
源氏物語から大藪春彦まで。
「自分が読みたい本を読む」
リンボウ先生初の読書論! !

仕事や生活に役立てたい、情報通になりたい……。最近の人は読書に実用的な価値ばかりを求め、書物をゆっくり味わうという本来の楽しみ方を忘れてはいないだろうか。本書は、そのような傾向に異を唱えるリンボウ先生が、「読書に貴賤なし」と、好奇心のままに読書を自在に楽しむ方法を惜しみなく披露。古典作品の魅力と読み方も、書誌学の専門家としての知識を交えながらわかりやすく解説する。書物に触れる真の歓びに満ちたリンボウ先生初の画期的読書論!


「歴史の本であれ昆虫の研究所であれ、自分の興味のある分野の本をまず一冊手に取ってみる。その本から一つでも新しいことを知ったり、面白いなあと感動したら、その本のなかで紹介されていたり引用されていたりする別の本を読みたいという欲求が出てくるでしょう」との指摘、ごもっとも。

僕も学生時代だったか、佐伯彰一氏の自伝『狂気の時代』 (サンケイ出版)を読み(雑誌正論に連載していたかと)、その中に出てくるナボコフの自伝本なんかを探し求めたりしたものだった(と記憶している。なにせ刊行は1979年。もう40年弱昔。記憶はあやふや。佐伯氏の本はアマゾンでは「1円」から出ている。未読の人は読むべし。都内図書館で所蔵しているのも数館程度はあるようだ。 講談社学術文庫なんかに入っていい本)。

林氏は芥川・直木賞の作品は読まないことにしているとのこと。時間の無駄だから。渡部昇一さんは『コンビニ人間』 (文藝春秋)は読んだと言っていたかと。

そんな林さんだが、 「読書に貴賤なし」との信念。専門の仕事で疲れた頭を休めるために、寝る前に大藪春彦の小説を愛読したとのこと。なるほど、専門分野以外に、そういう軽い小説を読むのは有効なのだ。といっても、専門がエロス文学(大衆)だったりすると…。寝る前にニーチェなんか読むといいのか?

神田の古本屋である本を手にしたところ、恩師の手書きの文字を発見。先生遺愛の一冊と遭遇して購入したとのこと。ううむ。僕も「恩師」が、ある人に献本署名をしている古本を発見して、持っていたけど、また購入したこともあった。

高校生時代、自宅近くの早稲田の古本屋街で、三好達治の『故郷の花』という詩集初版本を見つけて購入。それが詩の本との出会いであり、その本はいまも大切に保管しているとのこと。

「もし学校帰りに早稲田通りを通っていなかったら、もし『金峯堂書店』の棚を覗いていなかったら、もしその時お金を持っていなかったら----詩を愛する今の私は存在していなかったかもしれもない。本と出会う場所を豊かに持っている、そして興味を持った本を買うことで、自分の新しい扉が開くことがあるのだと学びました」とのこと。

ううむ。高校生時代に古本屋でトー・クーンの『女教師』 (フランス書院)を手にして購入し、「エロス文学を愛する」ようになった人もいるかもしれないが……。「本に貴賤なし」?
大変知的刺激を受ける読書論だった。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





もしも、斎藤美奈子さんが百田尚樹さんの『カラスの楽園』の文庫解説を書いたなら―――「アマゾン」のブックレビューで、「せっかくの本文が、頭の悪い解説と編集者で汚されたという印象です」と書く人が出てくるだろうか?
(2017・5・11・木曜日)




斎藤美奈子さんの『文庫解説ワンダーランド』 (岩波新書)を読んだ。

内容紹介→基本はオマケ、だが、人はしばしばオマケのためにモノを買う。マルクス、漱石、松本清張。『武士道』『なんクリ』『永遠の0』──古典名作にベストセラーがずらりと揃う文庫本、その巻末の「解説」は、読み出すとどうにも止められないワンダーランドだった! 痛快きわまりない「解説の解説」が、幾多の文庫に新たな命を吹き込む。

ご自身も文庫解説をよく書いているとのことだが、それはそれとして、さまざまな「名作」の文庫解説を、時に比較考察分析(出版社によって解説者が違ったり、同じ出版社から刊行しても新装版になったりすると解説者が代わったりもするので)。

現存している作家ならば、著者の「承認」があっての解説者指名となり、悪口を書くこともなかろうが、死亡していれば…時にはヘンな解説もありうるかもしれない。「解説」が内容紹介ではなく、単なる著者との交友を綴るものがあったり…。

曽野綾子さんの『小公女』の解説が、植民地主義などを半ば肯定している筆法だとして、「困ったもんだな、曾野綾子」と皮肉ったりするのは、フェミニストらしい「困った筆法」?

ともあれ、 『坊ちゃん』や『伊豆の踊り子』や『ビルマの竪琴』や『友情』など読んだ作品もあれば、読んでない作品もあるので、そのあたり、僕などはそもそも「解説」の品質に関して論じることもできないが、「文庫解説論」としては、ひとつの「書評風エッセイ」として面白く読める本ではあった。

「図書」で連載していたとのこと。もう終わったのか?まだ続いているのなら、江藤淳さんの『一九四六年憲法 その拘束』 (文春学藝ライブラリー)の解説の比較論をぜひとも書いてほしかった。

これ、旧来の文春文庫『一九四六年憲法―その拘束 その他』だと、解説はたしか福田和也さんだったのではないか(旧来の文春文庫は「その他」もあった点でより分厚かったかと)。福田氏の解説はもう記憶にないが、まぁ無難なものだったかと。
ところが、文春学藝ライブラリーでは、それを再録するなり、福田氏に新たに書いてもらうということをせずに、なんと『永続敗戦論 戦後日本の核心』 (大田出版)の著者の白井聡氏を起用したのだ。その両者の文庫解説の内容も比較すると、唖然呆然とするような違いがあったと思う人もいるのでは?  そのあたり、斎藤節で論じていただけると、いろいろと参考になったと思う。

しかし……。へんなたとえだが、百田尚樹さんの『カエルの楽園』を新潮社が文庫化した時に、白井聡氏や斎藤美奈子氏に解説を頼むだろうか?  白井さんの本の解説を、「古本虫太郎」に頼んだりするだろうか? ネバーセイネバーか?

ちなみにアマゾンのレビューでは、この「解説者」(白井聡氏)に対して、こんな苦言が呈されている。

巻末の解説者は不要で不快! 投稿者 非公開者 投稿日 2015/11/11
江藤淳の論旨は明確で日本人ならば誰もが知っているべき事実を実証している良書なのだが、巻末の解説者が上から目線の解説を書いたがために、本書の価値を落とし、読者に不快な読後感を持たせた。江藤淳の評価は五つ星だが、解説者のためにマイナス星ふたつ。


中身には星五つだが、解説には星ゼロ! 投稿者 ゆうた 投稿日 2016/8/4久しぶりに本書を読み返したのは、今年の参院選挙で改憲派が衆参両院で2/3以上を占めたからです。
やっと、憲法論議を開始できるということですが・・・
中身は相変わらす素晴らしい。今こそ踏まえなければいけない議論の基が列記してある。
ところが解説に驚いた。
読解力がまるでない。時代遅れの左翼、というよりサヨクの理屈で江藤淳を批判したつもりになっている。
こんな解説を巻末につける編集者のレベル低下も著しいのだろう。
朝日文庫かと思ってカバーを見たら、文春文庫だった。「文藝春秋」が全く面白くなく全く売れない理由も分かった。
ま、そんなことより、せっかくの本文が、頭の悪い解説と編集者で汚されたという印象です。

白井聡は狂ったか投稿者 小谷野敦 投稿日 2015/11/14
形式: 文庫
なぜか『江藤淳と大江健三郎』を出したころに文春から送られてきたのだが、白井聡が解説を書いていたからわが目を疑った。もはや白井は、反米のためなら天皇制右翼の江藤すら利用しようという愚かな地点へとさまよいつつあるらしい…(以下略)。

まぁ、人それぞれではあるが…。江藤さんが生きていれば、この白井氏の解説を読んで、どう感じたことか?
文藝春秋の元常務だった斎藤禎氏の『江藤淳の言い分』 (書籍工房早山)の書名ではないが、「江藤淳の言い分(反論?)」を聴きたいものだ。大川隆法さんに頼むしかないか?

『親米か反米か 保守派知識人江藤淳の言い分・霊言』なんて本が出るかも?

その中で「あの解説はどう思われますか」「文春ともあろうものが……福田和也くんのものを再録するか、もしくは平山周吉くんか斎藤禎くんに書いてほしかった…」なんてことも?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑




黄金週間に読むべき「重厚長大」本は如何にして選ばれたのか?
(2017・4・28・金曜日)



今年のゴールデンウィークは人によっては、今日あたりから有休をとって10連休なんていうのもありだろうか(4・28~5・7)。こちらはまぁ,よくいって暦通りかな?

とはいえ、年末年始やお盆など、数日休みが続くであろう時には中学生のころの夏休みなどの学習予定計画表みたいなものをつくって、一日一冊(分厚い本)を目指すことがしばしば。本欄でも、いつもその計画表を作成したりして、自己啓発に励もうとするのだが……。

例えば食卓(兼書斎)の上にはこんな本(ジキル系)が読破を待ち構えている。

①『西尾幹二全集 第20巻 江戸のダイナミズム  古代と近代の架け橋』(国書刊行会)→雑誌連載時一読し、文藝春秋から出た本も持っているのだが…。再読にチャレンジ…(無理かな?)
-
②レム・クラシリニコフの『MI6対 KGB 英露インテリジェンス抗争秘史』 (東京堂出版)。佐藤優氏が監訳ということで、著者や訳者の名前より大きい活字でカバーに表記されている。帯も佐藤氏の上半身の写真。略歴紹介欄も、佐藤氏が「上」。ぱっとみると、著者が佐藤氏のように見える本だ。佐藤さんの「落合信彦」化が進んでいる? 落合さんもビッグネームとなるにつれ、原著者よりも大きな扱いを受けるようになったものだ。
それにしても、この本、内容的には原書房などから訳出されるような内容。東京堂が訳出するとは? ネバーセイネバー?

③石川禎浩氏の『赤い星は如何にして昇ったか 知られざる毛沢東の初期イメージ』 (臨川書店)。著者は京都大学教授で岩波書店からも何冊か本を出しているようだが、この本の「はじめに」だけを取り敢えず読んだ。面白い!? これは積んどくにしてはいけない(と思った?)。
でも、批判している(?)ユン・チアンの『マオ 誰も知らなかった毛沢東』 (講談社)も面白かったけど…。それにエドガー・スノーに関しても、池原麻里子氏の「『中国の赤い星』スノー未亡人の激白 夫、エドガー・スノーは毛沢東に騙されていた」(諸君!2006年6月号)なんて論文もあるから…。

内容紹介→革命家として認知される以前、毛沢東は世界で如何なるイメージを持たれていたのか。知られざる若き日の毛沢東像が浮かび上がる。その名は轟けども姿の見えない毛沢東――政府官報に掲載された太っちょ毛沢東はいったい何者なのか。傑作ルポルタージュ『中国の赤い星』によって毛の素顔が明らかになるまで、偉大なる革命家は世界で如何なるイメージをもたれていたのか。世界中に散らばった毛沢東像の断片を拾い集め、本場中国の人びとも―あるいは毛本人すら―知らない、若き日の毛のイメージを浮かび上がらせる。『中国の赤い星』によって覆されるそのイメージとともに、同書が「名著」の高みへと昇る過程を描く。

④正置友子氏の『イギリス絵本留学滞在記 現代絵本の源流ウォルター・クレインに魅せられて』 (風間書房)。
⑤草光俊雄氏の『歴史の工房 英国で学んだこと』 (みすず書房)。
④と⑤はどちらもちょっとリベラル(?)な人の英国で学んだことを綴ったエッセイ本。まぁ、トルコやエジプトなどへの関心はあまりないが、英国には関心があるので、関連書として参考になりそうな予感がして……。

⑥シェリー・タークルの『一緒にいてもスマホ』 (青土社)。スマホはもってないけど…。

10連休なら一日一冊で10冊ぐらいリストを掲げるべきだが…この程度かな。まぁ、新書(光文社)で、500頁という、ジョン・ロンソンの『ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち』も食卓にあるけど、読まないかな……。ハイド本もたまっているし…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





読書(欲)と性欲は、人間力を高めるのか、人生の何の役に立つのか?
(2017・4・25・火曜日)




武田鉄矢氏の『人間力を高める読書法』 (プレジデント社)を読んだ。これは武田氏がパーソナリティをやっているラジオ番組『武田鉄矢今朝の三枚おろし』を書籍化したもの。ラジオでは、たしか数日かけて一冊の本を紹介している。それを「文字化」したもの。 『失敗の本質』 (中公文庫)など、硬派の本も多し。


以前佐々淳行氏の『私を通りすぎた政治家たち』 (文藝春秋・文春文庫)を取り上げていたのをラジオで拝聴したことがある(この本は、プレジデント社の今回の本には収録されていない)。そのとき、武田氏が、佐々氏の本の内容をかみ砕いて紹介するのだが、若干、あれ? ちょっと勘違い、誤読しているのでは? と思う箇所があったが、まぁ、ご愛嬌?

似たタイトルの本として、松原正氏の『人間通になる読書術 賢者の毒を飲め、愚者の蜜を吐け』 (徳間書店)というのもあった。30年以上昔に一読したが記憶はおぼろげ。

最近の読書論としては、林望氏の『役に立たない読書』 (集英社インターナショナル)や河野通和氏の『「考える人」は本を読む』(角川新書)なんて本もある。こちらは未読だが。

こういう読書論は、知らない本が紹介されていることもあり、その点で参考になることも多い。

まぁ、読書は安上がりの暇つぶし、趣味ではあることを間違いないと思う。

本屋や古本屋に週に一回通うのも、性風俗店に週に一回通うのも、「等価値」といえば、等価値だろうが……。コストは…? 昔、週刊文春で、川柳よりも面白い萬流コピー塾というのがあった。家元は糸井重里さんだったか。その宿題テーマ(本を読むのをすすめるだったか?)のコピーに、「その三万円を川崎で使うな」といった趣旨(かなり記憶は薄れていて、テーマにしても金額にしても正確ではないと思う)のものがあったかと。
当時は三万円ぐらいが相場だったか? この前、関内の先の黄金町界隈の古本屋を歩いた時、そのご近所に点在していたソープ店では「一万円」(9800円)ぐらいのお値段が表示されていたような記憶がある。デフレになって価格破壊でもあったのだろうか? 

「本の雑誌」でも、三万円の図書カードをもって、本屋で本を買う作家の行動的エッセイが連載されていたかと。

我が家では「古本市(古本屋)一カ所・一軒につき1000円以内」という遠足の小遣い制限のような命令を下す古女房がいるので、3万円どころか、一カ月で1万円を使うのも夢のまた夢……。

万が一、古女房が乗っていた飛行機が事故で墜落したら、少しは補償金ももらえるだろうか?  そうしたら、うるさいことを言われることもなく……。ううむ……? 得るものがあれば失うものがあり、失うものがあれば得るものがある……。世の中、禍福はあざなえる縄の如し……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 読書  | TB(0)  | CM(1) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ