古本虫がさまよう
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month







さわやかな「さわや書店」。本屋と、とんかつ屋とどっちが大切か?
(2017・8・17・木曜日)



長江貴士氏の『書店員X 「常識」に殺されない生き方』 (中公新書ラクレ)を読んだ。

内容紹介→2016年、地方の一書店が仕掛けた「文庫X」なる謎の本が、日本中を席巻した。表紙をオリジナルの手書きカバーで覆い、タイトルと著者名を隠すという前代未聞の試みは、全国650以上の書店を巻き込み、30万部を超えるヒットを記録。マスコミにも大きく取り上げられた。本書では、ヒットに至るまでの道のりとアイデアの秘訣を分析し、それらと著者自身の半生を踏まえた上で、世の中を生き抜く力について語る。

著者は、盛岡の さわや書店の店員。さわや書店といえば、伊藤清彦氏の『盛岡さわや書店奮戦記』 (論創社)を読んだことがある。
それはさておき、清水潔氏の『殺人犯はそこにいる』 (新潮文庫)という作品に感銘を受けて、この本を売るためのアイデアとして、「文庫X」的手法を編み出したとのこと。その経緯や軌跡を記しつつ、あとは自叙伝的なライフスタイルなどを綴った本。大学中退の体験もあり、いろいろと人生の挫折もあったようだ。ほかの書店でも、この手法を取ったという。買わないと何の本か分からないが、買って読んで損はしないという触れ込みでもあったようだ。

のちに、この本が清水氏のそういう本であったとのお披露目もやったそうだ。そういえば、ついこの前も神田の三省堂で、この「文庫X」が売られていたかと。
特に関心はなかったので、手にはしなかったが……。 「エロス文庫X」と題していたなら、なんだろう、あやしげな本だな?ということで手にはしたかもしれないが…。開けたら、トー・クンの『女教師』だったり? この本はすでに数十万部売れているみたいだから、いまさら…かも?

清水氏の本は『「南京事件」を調査せよ』 (文藝春秋)を読んだことがあり、イマイチの読後感を抱いたことは記憶しているが…。この新潮本は未読。そのうち機会あれば読んではみたくはなった。
巻末に、両者の対談や、お薦めの本なども紹介されている。あいにくと読んでいるものがあまりなかった。ちょっと読書傾向が異なるのかもしれないが…。

いやいや、この書店が、百田尚樹さんの『永遠の〇』 (講談社文庫)にも火をつけるきっかけになったという。そのことは昨日紹介した百田さんの『戦争と平和』 (新潮新書)の第二章「『永遠の〇』は戦争賛美小説か」というところでも詳述していた。

「嬉しかったのは、出版業界で『小さな大書店』と呼ばれることもある岩手県盛岡市のさわや書店が積極的に販売してくれたことです。さわや書店には目利きの書店員が何人かいて、一般には注目されなかった本を大々的に売り出し、全国的なベストセラーにしたことが何度もあるという不思議な書店です。さわや書店では、後の文庫も含めて累計約一万部も売ってくれました。人口約三〇万人の盛岡で、この数字は驚異的です」

南京虐殺を否定する百田さんと、あったとみなす清水氏とは「水と油」であろうが…。

個性ある筆者の書くものには、いろいろと反発もあるのだろうが…。また、作品によっては評価が異なることもありうるだろう。一作、一作、個別に評価を与えていくべき。『永遠の〇』も、宮田昇氏などが高く評価していたそうな。進歩的な人々の間も、この小説をめぐっては、いろいろと評価が異なるようだ。百田さんも指摘しているが、右派系の中にも、批判する人もいたそうな。

ともあれ、一つのアイデアを生み出す背景に、いろいろと努力なり偶然なり運なりさまざまなものがあったことを感得することのできる一冊であった。

ちょっと話題はズレるかもしれないが、 『ポパイ』 (2017年9月号)「君の街から本屋が消えたら大変だ!」という特集を組んでいた。

著名人の好きな(古)本屋の紹介(又吉直樹さんは「百年」、いしいしんじ氏は「三月書房」、東出昌大氏が「ロスパペロテス」…など。いずれも、僕も行ったことのある(古)本屋)等々。
ほぼ丸ごと一冊、本特集号だった。これも面白く読んだ次第。たしかに盛岡から、いや日本から「さわや書店」が消えると大変なことになるかも?

ちなみに「ブルータス」(2017年8月15日号)は、「とんかつ好き。」特集。「いもや」は出てこなかったようだが、これまた著名人などの贔屓の豚カツ屋などが紹介されてもいた。自分が多少なりとも行き来するところにも、よさそうな店があるようだが、まぁ、「いもや」で十分かなと。浮気もせず、目移りもせず、死ぬ直前まで「いもや」で「豚カツ」「天丼」を食べ続けることになるだろう。安くて美味い(そして禁煙)が一番だから!

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





昔「♪がんばらなくちゃ、ガンバラナクチャ、がんばらなくちゃ~♪」なんて歌があったかと記憶しているが…。
(2017・8・16・水曜日)





岡崎武志氏の『人生散歩術 こんなガンバラナイ生き方もある』 (芸術新聞社)を読んだ。

井伏鱒二や高田渡や田村隆一や吉田健一等々の著作などを適宜引用紹介しつつ、ガンバラナイ生き方について軽妙に論じたエッセイ本。
個人的に、ちょっと苦手な人も登場しているが(?)、へぇ、そういう来歴の人だったのかという人もいて、著作を読んでみようかという気にもさせられた。
本書にも登場している吉田健一さんのご贔屓の神保町の「ランチョン」は相変わらず喫煙者天国のようなので、足を運ばなくなって久しいが…。 いつの日か、ちゃんとした「スモークフリー」を実現する法律が制定されたら、足を運ぶこともあろうか? それまでは学士会館のセブンズハウスで我慢(いや、失礼、セブンズハウスのビールのほうが美味い?)。吸いたい人はもちろん、他人に「強制吸引」させない範囲で自由に吸えるような「完全なる分煙社会」の実現を目指して「♪がんばらなくちゃ、ガンバラナクチャ、がんばらなくちゃ~♪」?

それにつけても、岡崎氏の一連の(古本)エッセイ---『気まぐれ古書店紀行』(工作舎)、『読書の腕前』(光文社文庫)、 『女子の古本屋』(筑摩書房)、 『蔵書の苦しみ』(光文社新書)、『気まぐれ古本さんぽ』(工作舎)、『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』(原書房)、『古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび』 (中公文庫)などは愛読している。次はどんな作品が出てくるのやら楽しみ…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 人生  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑


敗戦の日、百田尚樹さんの『戦争と平和』と、NHKスペシャル『戦慄のインパール』に深い感銘を受けた
(2017・8・15・火曜日)



敗戦の日(8・15)は、去年までは「休日」のことが多かったと記憶しているが、本年は仕事。
夜明け前から「書類整理」。
通勤電車は今日もまだいつもよりは空いていた。

車中、百田尚樹氏の『戦争と平和』 (新潮新書)を読み始めた。日本軍の兵站軽視の戦争観や、その武器生産や戦略的発想の長所と短所についての分析について、ふむふむなるほどと 。
いつもよりは早めに帰宅。百頁まで読み終えた百田さんの本の続きに取りかかろうと思ったが、ふと、NHKの夜7時半からの番組『NHKスペシャル・戦慄のインパール 最も無謀な作戦はなぜ』を見てしまった。以下の記述は、番組のビデオを録ってもおらず、特に精密なメモを取ったわけでもなく、記憶に基づいて記しているので、細かい固有名詞などに関して、若干の聞き間違いなどがあるかもしれない…。ご容赦のほどを。

(内容紹介)→相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。さらに、新たに見つかった一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。

「無謀な…」というのはいささか単細胞的に使われることが少なくないが、インパールに関しては、そう形容をされるのは無理もない…。子供のころ読んだ太平洋戦争史に関して、「開戦百日の栄光」等々の部分はよく読んだが、インパールあたりは…。ちょっと読む気には子供心にもなれなかったが、戦争の悲惨さに関しては、そういうのも直視する必要はあろう。

百田さんの本にも、ちょうどインパールのことが出てきた。

「日本軍の一番の問題は、上に立つ高級士官たちが、失敗しても厳しく責任を問われることがなかったことです」「多数の餓死者を出したインパール作戦の責任者の一人は、牟田口廉也陸軍中将でした。そもそも作戦そのものが無謀極まりないものでした。多くの部下が反対しましたが、牟田口は彼らを更迭してまでこの作戦に固執し、むざむざと多くの兵士の命を失いました。もちろん作戦は大失敗です。しかし彼はまったくその責任を取らされませんでした。司令官こそ罷免、予備役に編入されたものの、その後は陸軍予科士官学校長をつとめています」

NHK番組は、この百田さんが指摘している過程を詳しく見事に描ききっていた。敵ながら天晴れだった?

しかし、これは、あの「台湾番組」を捏造した「NHK」が作った番組だぞ、戦後70年を経ても、いまだに未成年の少年を、インパール並みの猛暑炎天下の甲子園で体力鍛練大会を無理やり強行し、その映像を恥ずかしげもなく全国に朝から晩まで完全中継で垂れ流している非人道的輩たちが作った番組だぞ、どこに作為や捏造があるかわかったものじゃないぞと眉に唾しつつも、よくできた作品だった(と思った)。

とにもかくにも「生き証人」の存在故の説得力があった。牟田口の孫による当時の資料の提供や、牟田口本人は故人であれ、テープの肉声による証言もあった。

それ以上に、インパール作戦に実際に参加した日本兵、当時、その闘いを見守ったりした現地のビルマ人、インド人。そして日本兵と戦った英国人なども、皆が認知症にもならずに登場し具体的な証言をする。
なかには100歳という生き証人も。
それ以外も90歳前後の人たち。とりわけ牟田口司令官の側近だった斎藤という、当時23歳の若き軍人が、戦時中にリアルタイムで書き残していた詳細な戦闘日報がしばしば紹介(朗読)される。その内容たるや、牟田口司令官の「無駄口」というか、部下の日本兵を虫けら扱いするかのような放言の数々…(日本兵が5000名も死ねばインパールを手に入れられる…云々)…が記録されているのだ。
いやぁ、これは正真正銘の「一次史料」。比較するとしたら、これまたビルマ界隈で、「慰安婦」の管理をしていた男の手記みたいなものだ→「日本軍慰安所管理人の日記」こと、 『ビルマ・シンガポールの従軍慰安所』。

ともあれ、軍隊は所詮、非情そのものよと思わないでもないが、その23歳の軍人が、なんとまだ存命で車椅子にのって出てくるのだ。そして、消え入りそうな声で一言、日本軍批判を語るシーンは、いやぁ、ちょっとした夏のホラー映画もびっくりのラストシーンだった。 96歳ですよ!!

23歳当時の軍服姿の写真は、テレビ画面で何度もクローズアップされていただけに、96歳という超高齢の姿恰好は、同一人物と思えないほどの変貌ではあるが……(もしかして、これは斎藤さんとは全くの別人、別老人だったりしたら、さすが「捏造のNHK」となる? まさか? いやいやネバーセイネバー?)。

兵站を無視し、雨季の前に三週間でインパールを攻略できると信じて作戦を命令した牟田口さんのような人は「空想的軍国主義者」。兵器を持たなければ、日本に侵攻する国はないと信じ込む人は「空想的平和主義者(平和運動屋)」。どっちにも「ノー」と言える真の意味での「理性」「知性」を養いたいものだ。

そういえば、番組では、インパール作戦、順調なりと朝日や毎日の記者に語って、それを真に受けたというか作為的に報じていた滑稽さを証言する人もいたかと。反戦平和デモ運動も主催者発表を参加人員数からはじまってそのまま報じる新聞も未だにあるようで。大本営発表、主催者発表、どちらも要注意? 企業広報部発表も官庁発表も…。

それはさておき、敗戦の日、楽天は敗戦し、ホークスは快勝し、首位奪還。ガダルカナル奪還はならずとも……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!


 | 軍事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑





「日本政策研究センター」は、「日本のヘリテージ」となりしか?
(2017・8・15・火曜日)





本日(2017・8・15)は敗戦の日。毎年、この日の東京靖国神社周辺は「暑い晴天」の時が多いが(数年前、いやもう10年ぐらい前か、夕方雷雨の時もあったかと?)、今年の8・15は少しは凌ぎやすい「残暑」の日となるだろうか?

さておき、2017年5月刊行の、宮田智之氏の『アメリカ政治とシンクタンク 政治運動としての政策研究機関』 (東京大学出版会)を読んだ。

内容紹介→シンクタンクとは何か。アメリカの政治にいかなる影響を及ぼしてきたのか。保守系シンクタンクを中心に、政治運動の担い手としての新しい姿を浮かび上がらせ、「第五の権力」とも呼ばれるシンクタンクがアメリカ政治において果たしている役割の全貌に迫る。
【主要目次】
序章 問題の所在
第一部 アメリカのシンクタンクの現状・歴史的展開・比較分析
第一章 アメリカのシンクタンク
第二章 アメリカにおけるシンクタンクの歴史的展開
第三章 アメリカのシンクタンクの特異性
第二部 シンクタンクの政治的影響力
第四章 アメリカのシンクタンクの「政治化」
第五章 ミサイル防衛と保守系シンクタンク
第六章 スクール・バウチャーと保守系シンクタンク
終章 政治主体としてのアメリカのシンクタンク


シンクタンク、とりわけ保守系シンクタンクといえば、ヘリテージ、フーヴァー、ランドなどいろいろと浮かんでくる。1980年代のレーガン政権発足以降、特に保守系シンクタンクの伸長は目覚ましいものがあったかと。そのあたりはリアルタイムで興味をもって、日本語文献をよく読んできたものだ。

本書の参考文献にも何冊か懐かしい本が並んでいる。
80年代前半に出た、中野秀一郎氏の『アメリカ保守主義の復権 フーバー研究所をめぐる知識人』 (有斐閣)や、佐々木毅氏の『現代アメリカの保守主義』 (岩波書店)はリアルタイムで一読し、アメリカに新しい政治潮流が生まれてきていると実感したものだった(宮田氏の本の参考文献欄で、佐々木氏のこの単行本版が1993年刊行となっているのは誤植だと思う。これは1984年の刊行のはず)。
ほかにも急逝した飯沼健真氏の『アメリカ―新保守主義の時代』 (三省堂)なども1983年に出ている。

副島隆彦氏の『現代アメリカ政治思想の大研究 <世界覇権国>を動かす政治家と知識人たち』 (筑摩書房)は90年代の刊行ではあるが、これも面白く読んだ。

著者は、2007年から三年間、アメリカの日本大使館で専門調査員も務めている。ワシントンで生の政治を見つめ、アメリカのシンクタンク関係者に直接インタビューをする機会もあったようだ。そういう成果がこめられた一冊。
「註」の一杯ある本だが、僕にとっては親しみを覚える(?)懐かしい名前(クリストル、バックリー、パイプス、カークパトリック等々)も出てきて楽しく読める。

トランプ政権下でもネオコンは元気かな?
ところで、この本は2017年5月の刊行。いわゆる「保守共和党」の本流とはいえないトランプ大統領といえども、ヘリテージ関係者の助言を受け、その関係者が政権に入り込んでもいるとの指摘もあるが、もう少し、トランプ政権とシンクタンクの構図に関して詳細な分析があればなおよかったかと。

ところで、アメリカン・エンタープライズが「中道化」していたのを、「保守化」して建て直していくデムスによる軌跡なども面白い。
デムスは「前任者のもとで加入した穏健中道と見られる研究員を相次いで解雇する一方、保守派の人材を積極的に進めていく」ことによって、建て直しに成功したとのこと(読売新聞なども、80年代になって、渡邉恒雄体制になってから同様のことが起こったかのような? 逆に、日本の「某老舗雑誌」編集部などにはデムスがやったのと同じ対策が必要になってきていると言えるかも? 某国際情報誌も編集長が交代したとか。「後退」でなければいいが?)。

ティパーティなど、草の根保守運動の高まりなどを見て、ヘリテージなどのシンクタンクがいろいろと変容するのを余儀なくされている面もあるそうな。また、それ故にさまざまな批判の矢面に立つことも…。
相互批判は民主主義の原点だから、それもまたよしであろうか。

トランプに比較的、理解ある優しい眼差しを向けていた、元ヘリテージにも所属していた横江公美氏の著作『第五の権力 アメリカのシンクタンク』 (文春新書)、 『アメリカのシンクタンク 第五の権力の実相』 (ミネルヴァ書房)にあるように、シンクタンクは第四権力の「マスコミ」に次いで「第五権力」でもあるのだから。「第五列」はいかんが、「第五権力」はいい?

よかれ悪しかれ、日本ではシンクタンクはそういう地位を占めてはいないようだ。銀行や証券会社などが創立したシンクタンクは、政治よりも経済分析が中心? 

日本政策研究センター(伊藤哲夫代表)を、安倍改憲の「黒幕」などと「しんぶん赤旗」などがはやしたてている記事を一カ月か二カ月か前に読んだ記憶がある。
というのも、日本政策研究センターが刊行した『これがわれらの憲法改正提案だ 護憲派よ、それでも憲法改正に反対か?』がケシカランと。この本は、2017年5月3日の発行!

この中で、岡田邦弘氏(日本政策研究センター所長)が、

「(9条)二項はそのままにして、九条に新たに第三項を設け、第二項が保持しないと定める『戦力』は別のものであるとして、国際法に基づく自衛隊の存在を明記するという改正案も一考に値する選択肢だと思うのです。いわゆる『加憲』です。いずれにしても、自衛隊の存在を憲法に明記することが肝要であり、そのための現実的な改正プランが準備されねばならないと思います」
と指摘していた。これが安倍首相が提唱した改憲案と瓜二つであったこともあって、左派系の人々がいろいろと騒いだわけだ。でも、なんのことはない、言論による提案。何の問題もあるまい。日本のヘリテージを目指して頑張ってほしいものだ。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑



たまたまNHKの「にっぽん紀行」「知られざる地上戦」「樺太・5000人の犠牲者」「なぜ?終戦後も戦闘が悲劇の7日間明らかに」を見てしまったが…。やはりNHKは「歴史の証人の証言」を「捏造」していた?
(2017・8・14・月曜日)





今日(月曜日)は、まだまだ世間が「お盆休み」だったせいか、行き来の通勤電車も空いていた。いつもこれぐらいの「密度」ならいいのに。もしかして、マナーの悪いタバコ飲みとか、「スマ歩」をするバカとかを「間引き」するとこのぐらいになるのかしら? 待機児童ゼロも実現? 災い転じて福となる?

早めに帰宅してNHKの夜7時のニュースが終ると、 「にっぽん紀行」という番組が始まった。時々、夜7時のニュースが終ったあと、タモリとか鶴瓶が出てきて、まぁ、なんともいえない、「知名度」に依拠しただけのブラブラ歩きの番組が流れてくることがある。少々見ては、あぁ、つまらないなとチャンネルを替えることが時々あった。

本日も、ニュースが終ると「にっぽん紀行」なる番組が始まった。泉谷しげるさんがご登場。あぁ、これも、タモリやら鶴瓶の番組と同様の、人気タレントに依拠した番組かなと。ちょっと見ていると、いやいや、タモリ、鶴瓶番組とは一味違うかなと。ついつい見てしまう。泉谷さんも冒頭登場するが、あとはナレーターに徹していた。こんな内容(「自転車販売ケーキ職人・被災地・熊本を走る」)。


荷台にパウンドケーキの山を積んだ赤い自転車が熊本の町を走る。新本高志さん62歳、30年前から自転車を走らせ、阿蘇の山や天草の島々までケーキを売り歩いてきた。去年、熊本を襲った大地震、なじみの客の多くが被災、消息が途絶えた人もいる。「今こそ元気を届けて、自分を育ててくれた人々に恩返しをしたい」。汗びっしょりでペダルを踏む夏。ケーキ職人とお客さんとの触れ合いのドラマを追う。案内人:泉谷しげる

僕より少し年上だが、結婚して33年とか。それは我が結婚暦と「同年」。それもあってか、最後まで見てしまった。まぁ、感動ドラマ風な、いつものNHKならではの手法もあるのかもしれないが、疑り深い、僕のような人間でさえ、おぬし頑張っているな…と感銘を受けた次第。

それが終ったあと、午後8時から、樺太の悲劇を扱った番組が始まった。
題して「知られざる地上戦」「樺太・5000人の犠牲者」「なぜ?終戦後も戦闘が悲劇の7日間明らかに」

停電やらで、「終戦」の連絡が現地に届かず、日本軍が8・15以降、先に発砲した事実があった云々との出だしは、NHKらしい「中立性」かなと思ったが……。あと、なんかソ連軍より日本軍が「非道」だといわんばかりの構成…。そのために、ソ連軍の前に置き去りにされた邦人たちという構成。辛うじて、日本人女性を強姦したソ連兵がいたとの証言をするソ連元兵士もいたが、それも日本軍が邦人を見捨てたからいけない? 有名な真岡郵便局の悲劇(氷雪の門)も辛うじて触れているけど、

それにしても、90歳になっても、元気に当時の状況を証言する人がいるのには驚き。よくぞ生き残ったものよと。
この番組、かつての「台湾番組」同様、NHK関係者の「切り貼り」「作為」がなければいいけど? いやいや、きっとNHKなら、そういうことをやっているのでは? あの台湾番組、冒頭、たまたま見ていたけど、あまりの非常識なスタートに、唖然として、チャンネルを変えたものだ。あれ以降、NHKスペシャルめいた「教養番組」は見ないように心がけているが…。

しかし、この番組、聞き間違いでないと思うけど、 「ロスケ」と証言する日本人女性がいたのに、字幕ではなぜか「ロシア人」。捏造、言い換えがお得意なNHKならではの対応? 「ピー」という音もならず?
それにつけても、沖縄だけが「地上戦」じゃない事実を知った人もいたのでは?
相手がソ連だと、急に批判のトーンが落ちるのもどうかと思うが…。登場したコメンティターは保阪正康さん。無難な人選ではあるが、新潮選書から『シベリア抑留 日本人はどんな目に遭ったのか』を出した長勢了治さんでも良かったのでは?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
 | 共産主義  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ